logo

深セン航空 「名古屋-南通」直行便 新規就航を記念してセレモニー実施

中国国際航空 2016年01月27日 15時59分
From Digital PR Platform


中国国際航空(CA:エアチャイナ 本社:北京)のグループ会社である深セン航空(ZH:シンセンエアラインズ 本社:深セン)は、1月26日(火)から「名古屋-南通(ナンツウ)」直行便が新規就航したことを記念して、セレモニーを実施致しました。

セレモニーに先立ち、消防車から放水アーチの歓迎を受けて、南通からの初便ZH9055便が到着しました。セレモニーでは、始めにZH9055便の機長と乗客代表の方へ花束の贈呈が行われ、続いて、中華人民共和国駐名古屋総領事 葛廣彪 様、中部国際空港代表取締役社長 友添雅直 様らをお迎えして、中国国際航空名古屋支店支店長 手嶋亮介とともに総勢11名で盛大にテープカットを執り行いました。

中国国際航空名古屋支店支店長 手嶋亮介は「直行便の開通により、名古屋-南通間は3時間の距離で結ばれることとなりました。経済・貿易の往来はもちろん、観光市場においても更に利便性を高めることとなるでしょう」と挨拶致しました。

南通は、歴史的に交通の要として発展してきた都市で、現在は、日系企業も多く進出し、ビジネス需要も高いエリアとなっています。深セン航空は、昨年12月「大阪-南通」便も新規就航し、日本から南通への直行便は名古屋で2都市目となります。

深セン航空は中国五大航空会社の一つです。所有航空機数は160機を超え、深センより毎日120余便が出発、60以上の都市へと運航を行っています。日本ではこれまで、大阪/関西国際空港との往復を5路線、東京/成田国際空港との往復を1路線、計6路線の運航をしています。そして、今回初めて名古屋/中部国際空港との定期便を就航しました。

ますます充実する中国国際航空グループのネットワークを観光やビジネスにぜひお役立てください。



≪運航スケジュール≫
【ZH9055】運航日ー火・土、機材A320
(出発)南通 13:00 /(到着)名古屋 16:15


【ZH9056】運航日ー火・土、機材A320
(出発)名古屋 17:15 /(到着)南通 19:00


※時間はすべて現地時間

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。