logo

大京グループ『ライオンズ茨木ニューシティ A街区』が 「おおさか優良緑化賞 奨励賞」を受賞

株式会社大京 2016年01月27日 14時00分
From Digital PR Platform


 株式会社大京(本社:東京都渋谷区、社長:山口 陽)、オリックス不動産株式会社(本社:東京都港区、社長:松本 哲男)、関電不動産株式会社(本社:大阪市北区、社長:中森朝明)は、大阪府が主催した「おおさか優良緑化賞※」に「ライオンズ茨木ニューシティA街区」(大阪府茨木市)を応募しておりましたが、1月21日(木)、「奨励賞」を受賞いたしましたので、お知らせいたします。
 ※「おおさか優良緑化賞」は、大阪府自然環境保全条例等に基づいてなされた緑化のうち、府内の都市環境の改善に貢献する緑化や、都市の魅力向上に資する緑化、新たな緑化手法のモデルとなる緑化等、特に優れた取組みに対し顕彰する制度です。

■ 第9回「おおさか優良緑化賞」の発表内容
・施設名:「ライオンズ茨木ニューシティ A街区」
・建築主:株式会社大京、オリックス不動産株式会社、関電不動産株式会社
・建築種別:共同住宅
・施設概要:敷地面積5,268.93 m2 鉄筋コンクリート造14 階建て 192 戸 緑化率20.03%
・設計事務所:株式会社長谷工コーポレーション 大阪エンジニアリング事業部
・建築施工者:株式会社長谷工コーポレーション
・造園施工者:株式会社日比谷アメニス
・賞の種類:奨励賞
・選考基準:
(1)条例の基準を大幅に超える緑化が行われているもの
(2)建築物や周辺環境と調和した緑化が行われているもの
(3)スペースを有効利用しているもの
(4)敷地外部への貢献度の高いもの
(5)新技術を積極的に採用しているもの
(6)適切に維持管理されているもの
(7)その他、この賞の目的に沿ったもの

■「ライオンズ茨木ニューシティA街区」について
 「ライオンズ茨木ニューシティA街区」は、2018年春開業予定の新駅JR「(仮称)総持寺」と一体的に開発されている「茨木未来の街」に位置する共同住宅です。「茨木未来の街」の開発総面積は約23,625m2(甲子園球場のグラウンド約1.8倍)。広大な敷地に住宅棟を3街区に分けて建設、新駅までのアクセス道路および公園や駅前広場を整備します。JR 西日本の新駅と茨木市の都市計画に
基づく新駅周辺共同開発事業は、茨木市が推し進める5大プロジェクトの一つです。
 「ライオンズ茨木ニューシティA街区」は「茨木未来の街」のファーストプロジェクト。南東街区に位置します。提供公園の豊かな緑に呼応する、多彩な植栽に囲まれた総戸数192戸のビッグコミュニティ。夢に溢れた事業のシンボル的な存在です。

■ 主な注力ポイント
1. 周辺地域へのみどりの提供
・従前は歩道も無く、緑の少ない地域であったが、歩道を整備するとともに沿道緑化に注力した配置計画としている。
2. 新駅へのアプローチとなる歩道景観
・新駅への安全で快適な歩行空間を創造し、今後開発される街区の沿道景観を誘導。
・シマトネリコの高木をリズムよく配置し、提供公園沿いにも連続させ沿道景観の骨格を形成。
3. 緑視効果を高める工夫
・沿道の緑地を奥に向けてマウンドアップすることによる緑視効果を高めている。
・緩やかなカーブを描く立上りにより植栽帯に奥行きを持たせ、歩道景観に変化を生み出している。
4.地域との調和を図る植栽計画
・地域の緑の核である西河原公園(大阪緑の百選)の緑を最大限継承し、地域環境との調和を目指した。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事