logo

Counter Strike: Global OffensiveにG2A.COM のゲームスキン

G2A.com 2016年01月27日 13時37分
From 共同通信PRワイヤー

Counter Strike: Global OffensiveにG2A.COM のゲームスキン

AsiaNet 63229 (0107)

【ジェシュフ(ポーランド)、ロンドン、香港2016年1月27日PR Newswire=共同通信JBN】世界最速成長のデジタルゲーム市場、G2Aが27日、ポートフォリオを拡大し、ゲームスキンによる取引、取得、討議、およびユーザーの楽しみを増やすゲーム仕立ての役割を果たせるようにした。

(Photo: リンク

共同創業者兼最高マーケティング責任者(CMO)のダウィド・ロゼック氏は、この展開が最近行われた創立記念のお祝いの席で生まれた、と述べた。招かれたゲストが自分たちのゲーム用のスキンを選択ライブラリーにくわえることを熱心に訴えたのである。ロゼック氏は「われわれは、多様性を好むハードコアゲーマーの関心に応える必要があった」と付け加えた。

G2Aがウィンター・ワンダーランド・パーティー、創業記念日を祝う (リンク

ゲームスキンはゲームアイテムの武器やキャラクターの外見を表すビジュアルで、ゲーム内で直接起動される。スキンは事実上、カスタマイズされたグラフィックであり、ゲーマーそれぞれがゲーム内で目立つことが可能になる。Team Fortress 2は2007年、収集価値がある独自の帽子を使い始めた。その後、非侵襲的スキン限定の無料プレー2回の時代がやってきた(ゲーム内でプレーヤーは対等のままで、外見を除いて利点はない)。現在、TF2、CS:GO、LoLなどのゲームタイトルは、クリエーターがスキンを利用して製品を無制限に開発できるような独自のビジネスモデルを保有している。

ロゼック氏はゲームスキンについて、ゲーム内機能には影響を及ぼさないが、ゲーマーがひたむきなプレーヤーであることを証明するとして、「彼らはゲームに打ち込み、ゲーム内で視覚的刺激のカスタマイズを楽しんでいる」と述べた。

G2A.COMは、最も人気があるeスポーツゲーム、Counter Strike: Global Offensive用にゲームスキン需要を特定した。数多くの満足した顧客はすでに、Virtus.PRO、Natus Vincereeなどeスポーツ最高のチームや組織とともに、ゲーマーが安全かつ迅速にゲームにアクセサリーをつける極めて特異な方法とスタイルでゲームを楽しめるように、G2Aに協力している。  

リンク

詳しい情報はリンク を参照。

ソース:G2A.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。