logo

オーストラリアが新しい観光キャンペーンを開始

オーストラリア政府観光局(Tourism Australia) 2016年01月26日 12時47分
From 共同通信PRワイヤー

オーストラリアが新しい観光キャンペーンを開始

AsiaNet 63190(0093)


【シドニー(オーストラリア)2016年1月26日PR Newswire=共同通信JBN】オーストラリア政府観光局(Tourism Australia)はこのほど、世界からより多くの観光客を呼び込もうと世界的に有名なオーストラリアの水辺や海岸での経験に焦点を当てたキャンペーンを始めた。

マルチメディアを使ったインタラクティブなニュース・リリースは以下をクリック。
リンク

この新たなクリエーティブ・キャンペーンはオーストラリア政府観光局が仕掛けてきた一連の「There's Nothing like Australia」キャンペーンの一環で、ニューヨークの「オーストラリアの日」イブにオーストラリアのジュリー・ビショップ外務大臣も参加して開かれたイベントで公式に発表された。

ブライアント公園にある有名なバンク・オブ・アメリカWinter Villageのアイスリンクに投影されたイマーシブな「バーチャルリアルティー」ディスプレーと水をテーマにした映像がイベントに参加したゲストを楽しませ、同時に、オーストラリアの俳優でオーストラリア政府観光局の新グローバル大使でもあるクリス・ヘムズワース氏がナレーションを担当した新テレビ広告が発表された。このイベントはオーストラリアのシェフ、カーティス・ストーン氏がホストになり、ゲストはルーク・マンガン氏が特別に工夫を凝らしたオーストラリアのメニューを楽しんだ。

オーストラリア政府観光局のマネジングディレクター、ジョン・オサリバン氏は、新広告キャンペーンはオーストラリアの持つ競争優位のうちの1つに焦点を当てたものになるとして次のように述べた。

「すでに、オーストラリアへ来る世界の観光客の7割は旅行の一環として水辺や海岸での経験を楽しんでおり、われわれはこのキャンペーンは世界のすべての市場で強い共感を呼ぶだろうと確信している」

「オーストラリアが世界有数の自然の美しさを持つことはすでに知られているが、オーストラリアの水辺や海岸の広がり、奥行き、質を十分に理解しているとまでは言えない。これらは常にオーストラリア観光の重要部分になってきたが、中心的な位置を占めてきたとは言えない」

オサリバン氏は、クリス・ヘムズワース氏がナレーションを努める新テレビ広告はオーストラリアの水辺や海岸を訴求するうえで、真正かつ影響力のあるオーストラリアの声として必ずや大きな助けになるだろうと述べた。

クリス・ヘムズワース氏は「私は常々オーストラリア人であることを大きな誇りとしており、母国を世界に宣伝し、より多くの人々が来訪して、自分たちで素晴らしいビーチや光景を体験するよう奨励するために私が役割を果たすと知ることは、きわめて特別な感情である」と述べた。

今回のキャンペーンは食事やワイン、さらにオーストラリアならではの経験を促進することを含め、オーストラリア政府観光局が現在行っているマーケティング活動と共存し、それを補完するもので「There's Nothing like Australia」を実証する新たな具体例を提供する。

オサリバン氏は「There's Nothing like Australiaはもともとそれを土台にして観光のメッセージを発展させていくための長期的なプラットホームとして考えられたものだ。最近の例ではRestaurant Australia(美食大陸オーストラリア)キャンペーンがあるが、今回はもっぱら他にはない高品質のオーストラリアの水辺や海岸の経験に焦点をあてたものになる」と述べた。

新たな映像キャンペーンはオーストラリアの州および特別地域のすべてをカバーした12を超える特別な経験を取り上げている。この中には石灰岩の柱「12使徒」上空のヘリコプター飛行、シドニーハーバーのスイミング、グレート・バリアー・リーフのシュノーケリング、キャサリン峡谷のカヤック下り、サウスオーストラリアの海岸ドライブ、バーリー・グリフィン湖を巡るサイクリング、ロットネスト島のまばゆいブルーウオーターでのセイリング、最近始まったタスマニアのスリーケープス・トラックのウオーキングなどが含まれている。

オーストラリア政府観光局の最高マーケティング責任者リサ・ロンソン氏は、今回のキャンペーンは画期的なバーチャル・リアリティー(VR)技術や迫力のあるユーザー作成コンテンツ(UGC)を観光地のマーケティングとしては例のないサイズとスケールで使い、生き生きとしたものになるとして次のように述べた。

「デスティネーション・マーケティングの世界はますます競争が厳しくなっている。われわれは競争が激しい世界の旅行市場にあって、常に競争力を獲得するための新たな方策を探す努力をしなければならない」

「オーストラリアは常に、非常に好ましい観光スポットであるという優位な立場を誇ってきた。課題は時間、距離、費用などの障壁に打ち勝ち、どうしてもオーストラリアを訪問したいという気持ちを醸し出すことである」

「このキャンペーンは信じられないほどイマーシブで、オーストラリアに行けばどんな感じになるのか、オーストラリアの海や湖の上、中、または浜辺にいる感じはどうなのかを、記録するように制作された」

「VRや360度映像技術を使うことで、われわれは次の休暇にオーストラリア旅行を検討している見込み客に訴え、予約という次の重要なステップに進んでもらいたいと思っている」

オーストラリア政府観光局は今後6カ月間に4000万オーストラリアドルを使って新クリエーティブ・キャンペーンを繰り広げる予定だ。最初はヴァージン・オーストラリア航空と共同で米国キャンペーンを行い、続いて英国、中国、日本、韓国、シンガポール、インドネシア、インド、マレーシア、ニュージーランドなど重要国際市場を網羅する。

キャンペーンについての詳細はwww.tourism.australia.com/Aquatic を参照。

新テレビ広告の放送映像、インタビュー、画像、ファクトシートを含むメディア資料については リンク を参照。


▽問い合わせ先
Australia:
Leo Seaton
Tourism Australia
Tel: +61-447-463-197
lseaton@tourism.australia.com; or

USA:
Julie Earle-Levine
Tourism Australia
Tel: +1-917-673-309
jearlelevine@tourism.australia.com

ソース:Tourism Australia

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。