logo

【ホテル椿山荘東京 × ANNICK GOUTAL】ANNICK GOUTAL アフタヌーンティー

藤田観光株式会社 2016年01月25日 11時44分
From Digital PR Platform


ホテル椿山荘東京(東京都文京区・総支配人:本村 哲)のロビーラウンジ「ル・ジャルダン」にて、2016年4月11日(月)~6月30日(木)、ハイパフューマリーハウス「ANNICK GOUTAL(アニック グタール)」のコラボレーションによる「ANNICK GOUTAL アフタヌーンティー」が登場いたします。

女性達に大きな支持を得るフレグランスブランドの「ANNICK GOUTAL(アニック グタール)」の洗練された香りをモチーフにし、目に見える美しさだけでなく、味、香り、食感、食べた後の余韻にまでこだわり、まるで香水を調合するかのように繊細に作り上げられたアフタヌーンティーをご用意いたします。

アニック グタールは、創業者であるアニック自身の世界観に導かれスタートした上質なフレグランスブランドです。現在では娘のカミーユが引継ぎ、彼女の幸福な瞬間、秘めた思いなど、ひとつひとつのフレグランスで感情を表現。本物であることにこだわり、上質な香料だけで生み出される香りは世界中の女性達を魅了し続けています。

ホテル椿山荘東京は、“世界をもてなす、日本がある。”をコンセプトのもと、森のような庭園の中で、本物の自然や日本文化を五感で触れることができるホテルです。極め細やかな感性を活かしたおもてなしで、唯一無二のラグジュアリーホテルとして、世界中のゲストを迎え、おもてなししています。
“本物にこだわること”、そして“豊かな感性”を大切にする両社により、本コラボレーションが実現しました。美しい香りに包まれ、輝く新緑の中、五感に響く特別なアフタヌーンティーが、感性を高め、ひとつ上の洗練された女性へと導きます。

アフタヌーンティーのほか、夜限定のイブニングキュートティー、遊び心溢れるカクテル、アニック グタールのフレグランスに満ちたステイプランも登場いたします。

■ラストノートまで美しく。アニック グタールの世界に導かれたアフタヌーンティー
 アニック グタールを代表する香水“プチシェリー”をモチーフにしたスイーツやスコーンが登場。創業者のアニックが愛娘カミーユのために創作した香水“プチシェリー”。ペア(洋梨)、ピーチ、ムスクローズなどの香料を使用して、甘く爽やか、そして 茶目っ気のある魅力的な香りです。
目に見える美しさだけでなく、味、香り、食感、食べた後の余韻(ラストノート)まで、美しく。洋梨と桃を使った「プチシェリーのジュレ」はパティシエおすすめの一品。ぜひ食べる前の香り、食べた後の余韻をじっくりと感じてください。そのほか、蝶をイメージしたチョコボンボンやバニラが香るサンドウィッチなど、愛らしさ、洗練さ溢れるアニック グタールの世界を表現。
緑が一年で最も輝く“新緑”シーズンに、庭園を望む優雅な空間で、美しく上質なひとときを。

■夜でも三段スタンドで優雅なひとときを。イブニングキュートティー(1日20食限定)
 夜でも優雅なティータイムを楽しめる「ANNICK GOUTAL イブニングキュートティー」(1日20食限定)。アフタヌーンティー同様のスイーツとサンドウィッチに加えて、キャンドルに見立てたブラマンジェや、ベルガモット、アニスなどを使用したスパイシーな大人のチョコレート「ショコラエピス」など、夜だけに楽しめる大人のスイーツをご用意いたします。お仕事帰りにおすすめです。

■メインバー「ル・マーキー」で楽しむ、遊び心溢れるカクテル
 メインバー「ル・マーキー」では、「ANNICK GOUTAL カクテル」が登場。香水の調合のように、素材と素材の融合で生まれる“新しさ”をカクテルで表現しました。夜明けのハーブと呼ばれる美しい紺色のブルーマローに、リキュールを加え、少しずつ色が変化する不思議なカクテル。大人の夜を優雅に演出いたします。

■美しい香りに包まれて。プチシェリーステイプラン
 アフタヌーンティーがセットになるほか、ご自宅でもプチシェリーのフレグランスに満ちたひとときをお過ごしいただける、スペシャルアメニティー付き「ANNICK GOUTAL プチシェリーステイプラン」をご用意。本物であることにこだわり、常にひとつ上の洗練された香りをまとう女性へと導きます。ご宿泊のお部屋もワンランク上のプライムフロアでお寛ぎいただきます。

■アニック グタールについて
 アニック グタールは、創業者であるアニック自身の世界観に導かれた良質なフレグランスを生み出す、ハイパフューマリーハウスです。上質な香料だけを使い、常に品格のあるひとつ上の洗練されたフレグランスを追求しつづけてきました。アニック グタールの秘密は、さまざまな感情をフレグランスに昇華させる才能にあります。ひとつひとつのフレグランスが、幸福な瞬間、秘めた思い、人生の岐路での出来事や最愛の人をめぐる忘れられない記憶・・・そんな感情を表現しているのです。長い年月をかけ、永遠というものを追求しているといってもよいでしょう。
華美であることより本物であることにこだわり、大量に作られたものではなく職人技を感じさせるものを好む人々に愛されるブランドとして、アニック グタールのメゾンは、長年にわたり名声を確立してきました。そしてその伝統は今日まで受け継がれ、創業者の娘であるカミーユ・グタールとイザベル・ドワイヤンがラグジュアリーなフレグランスを生み出し、最高の香料と独創的なひらめき、そしてクリエイティビティの完璧なマリアージュを実現しています。


【本コラボレーション商品、ホテル椿山荘東京に関するお問い合わせ先】
藤田観光株式会社 ホテル椿山荘東京 マーケティング課 担当:内田・眞田
TEL. 03-3943-5506(直通)FAX. 03-3943-1172
Email:pressroom@hotel-chinzanso.com

【アニック グタール製品に関するお問い合わせ先】
ブルーベル・ジャパン株式会社 香水・化粧品事業本部 AD/PR
TEL. 03-5413-1086 FAX. 03-5413-1669
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。