logo

IBS SoftwareがSunExpressとの複数年契約に調印

IBS Software 2016年01月25日 11時07分
From 共同通信PRワイヤー

IBS SoftwareがSunExpressとの複数年契約に調印

AsiaNet 63203 (0098)

【アンタルヤ(トルコ)2016年1月22日PR Newswire=共同通信JBN】
*IBSの製品がSunExpressの旅客予約を推進

IBS Software(IBS)は、トルコ航空とルフトハンザドイツ航空の合弁企業SunExpress Airlineの旅客サービスシステム(PSS)プロバイダーとして選ばれた。この複数年契約は21日、トルコのアンタルヤでSunExpressのマネジングディレクターであるヤーン・アルブレヒト氏、SunExpressのデピュティーマネジングディレクターであるアフメト・チャリプカン氏、IBS GroupのVK・マシューズ執行会長が正式調印した。契約によると、IBSは予約、発券、出国管理の業務を統合するために同社の旅客サービスシステム(PSS)であるiFly Resを実装する。IBSのプラットフォームは従来のシステムを置き換え、SunExpressがチャーター便および定期便の両業務から新しい収益源を開拓する道を開く。

Photo: リンク

Logo: リンク

新世代の旅客サービスシステム(PSS)は、SunExpressの乗り継ぎおよびコードシェア能力を大幅に向上させる。SunExpressは手作業の大部分を自動化することによって、さまざまな付加サービスを販売する柔軟性の提供、新規収入源を獲得する商品化速度、効率の向上を実現し、大幅に収益を増大させることが可能となる。

優れた旅客サービスシステム(PSS)が航空史上初めて、New Distribution Capability(NDC)をネイティブサポートし、これによって業界が抱える現行の販売の限界に対処する。New Distribution Capabilityは、新しいXMLベースのデータ送信規格の開発と市場導入に向けてIATAが開始した旅行業界をサポートするプログラムの1つで、SunExpressはこの規格にのっとり、これまで以上に複雑な付加サービスを旅行会社やその他のNDC消費行為に提供することが可能となる。

IBSはこのほどBlackstoneから1億7000万ドルの非公開株式投資を受け、9カ所のオフィスに約3000人のプロフェッショナルを擁して世界展開し、世界の一流航空会社、最も繁忙な空港、大手船旅会社、大手旅行流通企業、トップの石油・ガス企業に対して幅広い新世代のソフトウエア製品を提供している。トルコに本社を置くSunExpressは、ドイツ・フランクフルトを本拠とする同社子会社のSunExpress Deutchlandとともに、トルコの110以上の都市をはじめ、主に欧州、紅海、カナリア諸島(スペイン)、ギリシャ、チュニジア、ブルガリア、オマーンに運行するなど、定期便およびチャーター事業を展開して年間約900万人の乗客を運んでいる。

SunExpressのマネジングディレクターであるヤーン・アルブレヒト氏は調印式で「われわれはこの4年間に堅調かつ素晴らしい成長を達成した。成長戦略の一環として、われわれは当社の予約システムを変更して日常業務を向上させ、ビジネスパートナーとともに収益を増大させ、販売チャンネルを強化することを決めた。これを受け、われわれはIBSと提携を開始することができうれしく思うとともに、この最新システムの能力を活用して当社の顧客体験を向上させ、収益も伸ばしていきたいと考えている」と語った。

IBS GroupのVK・マシューズ執行会長は「今回の契約は真剣な評価手順を経て締結された。これは、当社が『Digital Airline』を実現するためにiFlyResおよびその他の製品に行った投資が正しい方向に向かっていることを実証している。当社が価値を顧客に提供してきた目覚ましい実績、ならびに社員のプロ意識と献身によって、当社は業界の有名企業の中で信頼できる変革パートナーに成長した。SunExpressとの提携が成功することを期待している」と語った。IBSに関する詳細はウェブサイトリンク を参照。

▽報道関係問い合わせ先
Bratati Ghosh
Chief Marketing Officer, IBS
bratati.ghosh@ibsplc.com
+1 470 363 6488

ソース:IBS Software

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。