logo

中国越境EC向け決済サービス「銀聯ネット決済」の提供を開始

「銀聯ネット決済」の初期費用10,000円が無料になるキャンペーンを実施

ソフトバンク・ペイメント・サービス株式会社(以下「SBPS」)は、訪日中国人観光客増加に伴い利用が拡大している越境EC向けの決済手段として「銀聯ネット決済」の提供を、2016年1月21日から開始します。



[画像1: リンク ]


SBPSは「UnionPay(銀聯)」のメンバーシップライセンスを取得しており、「銀聯ネット決済」の申し込みから加盟店審査・提供まで、信頼性の高いサービスをトータルで提供します。越境ECを運営している事業者さまは、中国で最も普及している「銀聯カード」で支払いができる「銀聯ネット決済」を決済手段として導入することで、中国人観光客の訪日前の旅行サービス予約や訪日後の日本製品の購入など幅広いサービスの展開・拡大が可能になります。

なお、「銀聯ネット決済」の提供を記念して、「銀聯ネット決済」の初期費用10,000円が無料になるキャンペーンを、2016年1月21日より実施します。

■キャンペーン概要
1.内容
キャンペーン期間中に「銀聯ネット決済」をお申し込みされた事業者さまを対象に、「銀聯ネット決済」の初期費用10,000円分を無料といたします。

2.キャンペーン期間
2016年1月21日~2016年2月29日

※SBPSの決済サービスをはじめて導入いただく場合は、オンライ決済ASPの初期費用が別途かかります。
※キャンペーン内容は予告なく変更となる場合があります。

■「銀聯ネット決済」概要

[画像2: リンク ]

「UnionPay(銀聯)」は2002年3月、中国の中央銀行である中国人民銀行が中心となり、政府主導で銀行間決済ネットワーク会社として設立されました。中国で最も普及している決済ブランドで、2015年の第1四半期には、「銀聯カード」の累計発行枚数は50億枚超、取扱金額は約1兆9000億ドルの実績となり、取扱金額が世界NO.1のシェアになりました。
SBPSが提供する「銀聯ネット決済」は、「銀聯カード」を利用してオンラインでお買い物ができる決済サービスで、中国向けの越境ECにおすすめの決済手段です。

ご導入メリット

[画像3: リンク ]



ご利用イメージ

[画像4: リンク ]

SBPSでは、中国向け越境ECをはじめる事業者さま向けに、「銀聯ネット決済」に加え、「Alipay国際決済」も提供しています。

詳細はこちらをご覧ください。
リンク

・本リリースに記載されている価格は特に断りがない限りすべて税抜きです。
・記載されている会社名および商品・サービス名は、各社の商標または登録商標です。


【会社概要】
ソフトバンク・ペイメント・サービス株式会社
代表者  代表取締役社長 兼 CEO 今井 康之
所在地  東京都港区東新橋1丁目9番2号 汐留住友ビル25階
事業内容 決済サービス、集金代行および企業の計算事務代行、情報・システム提供サービス
URL   リンク

【銀聯ネット決済に関するお問い合わせ】
ソフトバンク・ペイメント・サービス株式会社
電話 03-6889-2196
フォーム リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。