logo

複合商業施設「NEWoMan」がJR新宿駅新南口直結の『会員制屋上貸菜園』を2016年3月開業

株式会社ルミネ 2016年01月20日 11時15分
From Digital PR Platform


 株式会社ルミネ(代表取締役社長:新井良亮)と都市型貸し菜園事業を手がける東邦レオ株式会社(代表取締役社長:橘俊夫)は、JR新宿駅新南口に誕生する複合商業施設「NEWoMan」の屋上に、四季を通じて約100種類の野菜栽培を楽しめる会員制の貸菜園「soradofarm NEWoMan (ソラドファーム ニュウマン) 」を2016年3月25日(金)に開業します。

 「NEWoMan」は “女性が輝き続けることができる経験と価値を提供する”ことをコンセプトにJR新宿ミライナタワー内6フロアと、現在建設中の新宿駅新南口駅構内(エキナカ/エキソト)の1フロア、そして線路上空部の3フロア(屋上含む)で展開する複合商業施設です。

 ファッションのみならず食や健康に対して関心の高い女性の方々が気軽に立ち寄れてゆったりと過ごせる施設づくりを目指して新たにオープンするのが、開放感溢れる屋上 (7F)において、都会にいながらも野菜づくりをお楽しみいただける会員制屋上貸菜園「soradofarm NEWoMan」です。

 『手ぶら』で気軽に菜園を楽しめるよう、鍬やジョーロ、肥料、支柱など基本的なファーマーズツールは施設に設置し、野菜の苗や種なども無料で利用いただけます。菜園スタッフが野菜づくりのアドバイスを定期的に行うほか、収穫祭などのイベントを実施するなど、会員との積極的なコミュニケーションを行います。

 屋上菜園で栽培できる野菜は、四季を通じて約100種類あり、イタリアやフランスなど海外が原産の野菜の他、ハーブやエディブルフラワー等も積極的に提供します。一般的な屋上菜園と異なり40cmもの土の厚みを確保しているため、深さの必要な根菜類も本格栽培できるところが大きな特徴です。

 野菜によって手間の掛かり具合が異なるため、菜園スタッフがお客さまの来園頻度などを伺いながら、植付ける種苗の選定サポートを行っています。スタッフによる「水やり」や「野菜の生育度チェック」のサポートも実施する予定で、野菜づくりを始めてみたいけれど続けられるか不安と思われるビギナーの方にも安心です。

 区画数は全部で47区画。特に「soradofarm NEWoMan」では、新宿近郊にお住まいの方のほか、新宿エリアに勤務されるOLの積極的な利用を想定し、朝8時より菜園が利用できる体制を整えるほか、社員・友人同士などグループで野菜を通じたアクティビティを楽しめるよう7.5平米の大型区画も設定しています。

 ルミネでは2011年3月、ルミネ荻窪の屋上空間を活用し、都心の商業施設では最大級の屋上貸菜園施設をオープンしており、地元にお住まいのお客さまを中心に好評をいただいています。

 運営は、屋上緑化を35年に渡り推進している東邦レオ株式会社が担当します。ルミネ荻窪を含め現在、首都圏・中部圏・関西圏において9箇所の貸菜園を運営担当しており、そのノウハウを積極活用します。

《貸菜園施設「soradofarm NEWoMan」の詳細》
【名称】   soradofarm NEWoMan
【所在地】  東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-55  NEWoMan 屋上(7F)
【事業主体】 株式会社ルミネ
【運営】   東邦レオ株式会社
【菜園面積】 約255平米(菜園内通路を含む)
【利用区画】 47区画(3平米:38区画、4平米:7区画 7.5平米:2区画)
【開業日】  2016年3月25日(金)
【2016年度新規募集】 2016年1月4日(月)より 先着順受付
【申込み先】 リンク

日当たりの良い屋上では、日陰になりやすいマンションバルコニーや住宅の路地に比べて野菜の育ちが良いところも大きな特徴です。土に触れ心をリフレッシュさせ、彩りの野菜を旬なタイミングで食し、そしてスタッフや隣接区画の会員の方々との何気ない会話を楽しむことは、これまで都会では味わえなかった贅沢なひと時です。

いつもの身近な場所に野菜づくりを楽しめる空間を提供することで、女性が輝けるきっかけを積極的に提供してまいります。

【一般のお客さまからのお問い合わせ先表記】
「ソラドファーム事務局」 Tel. 03-6699-0833



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。