logo

フロスト&サリバン「2016年:16のトレンド予測」を発表

フロスト&サリバンは、2016年の産業やビジネスに大きな変化をもたらすことが予想される「2016年:16のトレンド予測」を発表しました。フロスト&サリバンは、500名以上の各産業アナリストによる分析に基づいて、数百に及ぶ予測から絞り込んだ2016年の上位のトップトレンド予測を毎年発表しています。

2016年には、デジタルテクノロジーを活用し、新たなビジネスモデルの創出に変換していく「デジタル・トランスフォーメーション」が、産業やビジネス及び社会を大きく変化するキーワードとなります。「デジタル・トランスフォーメーションは、あらゆる産業を隔て、従来のビジネス構造を変革する大きな波となります。人工知能(AI)やブロックチェーン、拡張現実(AR)やバーチャルリアリティ(VR) などのキーとなるデジタルテクノロジーは従来のビジネス構造を破壊し、企業が生き残るためにビジネスの変革を迫るものとなります。さらに、この新たな波は、従来とは異なるルールで運営される新たな企業を生み出し、ビジネスにおけるプールプロフィットにも変化をもたらします」と、フロスト&サリバンのデジタルトランスフォーメーション部門副社長のブライアン・コットンは述べています。

この様なデジタルトランスフォーメーションの波を受けて、2016年には、フィンテック革命やブロックチェーンの進化に伴い、従来の金融システムからより信頼できる新たなサービスモデルへの移行が進むことが予測されます。デジタルバンキングに対する消費者からの需要が高まり、モバイル決済や仮想通貨、クラウドソーシングサービス市場が大きく成長する見通しです。拡張現実(AR)は個別のニーズに応じた教育サービスの提供を可能にし、企業研修や自動車の運転講習などでモバイル機器を用いたeラーニングの普及が進んで行くことが予測されます。人工知能(AI)や自律運転ロボットなどの自動化は、新たな市場やサービスを生み出す一方で、人びとの雇用を脅かす懸念も次第に高まることになります。

また、2016年には既存のプラットフォームやビジネスモデルに取って代わる新たなモデルの誕生が予想されます。個人が保有する資産を貸し出す「シェアリングエコノミー」は、2016年から法人向けサービスが開始し、カーシェアリングやホームシェアリングを筆頭に、シェアリングサービスの普及がさらに進んで行きます。また、写真共有アプリのInstagramや音声アシスタントのSiriなどが、既存のプラットフォームやアプリ機能に取って代わって行く動きは2016年も続き、B2B及びB2Cマーケティングでの活用も進んで行く見通しです。

さらに、2016年には海外市場環境の変化も予測され、中国に代わってインドにおける海外直接投資の急激な増加が見込まれています。また、世界経済に大きな影響をもたらす潜在性を秘めた11カ国「Next 11」に含まれるメキシコ、ベトナム、ナイジェリアが、企業の海外進出先として今後注目を集めることが期待されています。

2016年の社会トレンドについては、女性や若いミレニアム世代の影響力の拡大が予想されます。ミレニアム世代と称される若い世代の成長に伴い、彼らの購買力が拡大するにつれて、企業はこの世代の嗜好性を視野に入れた製品戦略の実施が重要となっていくでしょう。さらに、B2Bの購買意思決定での女性の影響力が拡大し、企業での女性登用に向けた積極的な政策が打ち出されることも期待されます。

■フロスト&サリバンの「2016年:16のトレンド予測」はウェブサイトからご覧頂けます:
リンク

**********************************************
フロスト&サリバンについて:
フロスト&サリバンは、独自のリサーチに基づいて企業のビジネスを成長に導くグローバルな知見を提供し、ビジネスの新たな成長機会の創出からイノベーションの実現までを支援する、リサーチとコンサルティング機能の両方を兼ね備えた企業のナレッジパートナーです。世界40拠点以上のグローバルネットワークを軸に、世界80カ国ならびに300に及ぶ主要な全てのマーケットを網羅することで、メガトレンドや海外新興市場の台頭、テクノロジーの進化などのグローバルな変化に対応し、企業がグローバルなステージでビジネスを成功させるための360度の視点に基づいた知見を提供しています。 リンク

本件に関するお問い合わせ先:
フロスト&サリバン ジャパン株式会社 担当:辻
〒107-6123 東京都港区赤坂5-2-20 赤坂パークビル23階
電話:03-4550-2215/FAX:03-4550-2205/E-mail: anna.tsuji@frost.com
URL: リンク

▽フロスト&サリバン プレスリリース一覧:
リンク
添付ファイル

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事