logo

昭和女子大学が1月18日から24日まで東急渋谷駅構内で「もしも、女子大生が渋谷駅で愛媛のみかんを売ったら」を開催 -- ビジネスの恐怖と醍醐味を実体験

昭和女子大学 2016年01月20日 08時05分
From Digital PR Platform


昭和女子大学(学長 坂東眞理子、東京都世田谷区)グローバルビジネス学部ビジネスデザイン学科の保田隆明ゼミは、東急渋谷駅構内のワゴンブースを借用し、1月18日(月)から24日(日)までみかんの加工品を販売する。これは、ゼミ研究の集大成として疑似会社女子大生(※)という団体を立ち上げ、商品の発掘から生産者や行政・企業との交渉、資金の調達、収益予測までを学生チームが担当し、損失や利益を学生に還元するというもの。リアルに失敗の恐怖と醍醐味を感じながら、実体験からビジネスのプロセスを理解することを目的としている。愛媛県松山市や東大みかん愛好会などとの繋がりを通じ、4方よしの販売を企画。当日は抽選会など、さまざまなお楽しみを開催予定。


 かつては日本の冬の風物詩だった「こたつでみかん」の光景も、核家族化やライフスタイルの変化により見られなくなった。しかし、日本人の大好きな果物の第1位はみかん。そこで渋谷駅構内で出店・販売することで新しいみかんの楽しみ方を紹介し、「こたつでみかん」の良さを改めて感じてもらうことで、みかんの消費量アップを目指す。

■もしも、女子大生が渋谷駅で愛媛のみかんを売ったら
実施日時: 1月18日(月)から24日(日) 10時から22時
実施場所: 東急渋谷駅構内(田園都市線から山手線に乗り換える途中の地下通路)
主催者:
 疑似会社女子大生(本企画のため設立した団体)
 設立年月日 2016年1月10日
 単元株数 152株
 資本金 152,000円
 代表者名菊地真生
 従業員数 20人(平均年齢20.8歳)
後援: 愛媛県松山市東京事務局、清光堂、東大みかん愛好会
販売商品:
 まるごとみかん大福(450円): 絶妙な白あんに包まれた丸ごとみかん
 みかんわらび餅(650円): みかん果汁をたっぷり使った爽やかな味
 紅まどんな入り飲むゼリー(350円): ぷるぷるゼリーのみかん
 レモンケーキ(270円): みかんと一緒に味わいたい定番の商品

(※)疑似会社女子大生
この企画のために立ち上げた団体であり、その団体名。疑似会社であり、正式に登記した会社ではない。

◎イベント終了後は売上やP/Lに関する報告会を開催。
報告会日時: 1月28日(木)16時30分から18時
実施場所: 昭和女子大学(世田谷区太子堂1-7-57)

・疑似会社女子大生サイト
 リンク

▼本件のお問い合わせ先
 昭和女子大学 広報部 石橋
 TEL:03-3411-6597

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。