logo

人気トラベルサービス、米DUFLが福利厚生業務代行のベネフィット・ワンと提携

DUFL 2016年01月19日 08時55分
From 共同通信PRワイヤー

人気トラベルサービス、米DUFLが福利厚生業務代行のベネフィット・ワンと提携

AsiaNet 63040(0034)


【テンピ(米アリゾナ州)2016年1月18日PR Newswire】
*7百万超の会員はより快適な出張を実現するDUFLを利用できるようになった

受賞歴のあるスタートアップで世界のトラベルにおける常識を変革するDUFLは14日、日本の福利厚生業務代行の最大手、ベネフィット・ワン(Benefit One)と提携、700万人を超える会員に荷物の煩わしさから解放された出張を提供することが可能になったと発表した。ベネフィット・ワンの会員は、ベネフィット・ワンのポータルサイト「Benefit Station(ベネフィット・ステーション)」から旅行サービスの1つとしてDUFLを選択できるほか、人気のサービスとして特別割引を適用される。

ベネフィット・ワンは企業5736社の会員734万人に幅広い特典と会員向けサービスを提供、その中には、旅行、教育、ショッピング、食事とヘルスケアサービス、ディスカウントが含まれる。

ベネフィット・ステーションの会員サイトの旅行セクションにリスティングすることに加えて、ベネフィット・ワンは会員向けのベネフィット・ステーション誌にDUFLについての情報を掲載する。同誌は年11回発行されている。これによりベネフィット・ワンの会員はDUFLがどのようにして出張に伴う荷物の煩わしさを解消できるかを知ることができる。

頻繁に出張をする会員はオンラインでアカウントを開設するか、AndroidまたはiOSアプリを通じて、DUFLスーツケースを受け取ることができる。スーツケースには出張に必要な品々、ビジネススーツ一式や洗面道具を詰めることができ、アプリでもオンラインでも引き取りのスケジュールを依頼することができる。その後DUFLはスーツケースをピックアップ、中身の写真をとり、洗濯またはドライクリーニングを行い、会員のバーチャルDUFLクローゼットにそれを安全に保管する。

会員の出張計画がある際には、オンラインかアプリを使ってバーチャルな荷造りを行い、目的地のホテルと到着時刻を通知する。DUFLは丁寧に荷造りを完了し、会員が到着した時にはスーツケースが持ち主を待っている。帰宅する際には、会員はホテルでのピックアップ時間を調整するだけだ。DUFLがスーツケースを引き取り、洗濯またはドライクリーニグを行い大切に保管するので、次の出張への準備は完了だ。DUFLのおかげで、出張はかつてなく快適になった。* 2016年1月現在米国のみのサービスとなるが、順次グローバル展開を予定。尚、米国サービスにおいてクローゼットを保有している場合、世界主要都市にスーツケースを送ることは可能。

ベネフィット・ワンのサービス開発部の古賀清部長は「われわれはDUFLの革新的旅行サービスを会員様に提供できることを大変嬉しく思っている。これにより出張機会の多い会員様の出張前の準備にかかる時間だけでなく、実際に運ぶ荷物量も軽減し、より快適な出張をサポートしていきたい」と語った。

日本をベースとする米DUFL共同創業者兼DUFL Internationalプレジデントの塚本信二氏は「ベネフィット・ワンは日本及びアジアにおいて数百万規模のメンバーに幅広い福利厚生を容易に選択できる環境を提供している。今後ベネフィット・ワンの会員様は、提供されるトラベルディスカウントやサービスを利用するだけでなく、ダフルを使うことで出張中やその前後に費やす時間を取り戻し、荷物を軽減し出張をより快適なものにすることが可能となる」と語った。

ベネフィット・ワンの会員はDUFLを利用してベネフィット・ワンの「ベネフィット・ステーション」会員サイトを通じて割引料金を適用される。より詳しい情報はDUFLのウェブサイトwww.dufl.com 参照。

▽DUFLについて
DUFLは旅行や出張の際の移動の常識を変える。搭乗時間より何時間か前に空港に行かなくてはいけないという常識、重量オーバーの荷物に追加料金を支払わなくてはいけない常識、バゲージクレームで荷物を待つ常識、荷物について色々気を配るという常識。プラットフォームを通じて旅行者の荷物を指定の場所に指定の時間に届ける。出張や旅行のごとに、服はクリーニングされ、次回の旅行・出張に備えている。無料のDUFLアプリをダウンロードしアカウントを作って始めよう。詳細は www.dufl.com/jpへ。

▽問い合わせ先
Jenn Headley
SSPR
jheadley@sspr.com
+1-267-758-2637

ソース:DUFL

(日本語リリース:クライアント提供)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事