logo

立命館大学映像学部生が制作したオムニバス映画が デルタ航空エグゼクティブクラスの機内上映プログラムに

学校法人立命館 2016年01月18日 15時02分
From 共同通信PRワイヤー

2016年1月18日

立命館大学広報課

立命館大学映像学部生が制作したオムニバス映画が デルタ航空エグゼクティブクラスの機内上映プログラムにラインナップが決定

 立命館大学映像学部の学生が制作したオムニバス映画作品が、デルタ航空のエグゼクティブクラスで2016年3月から2017年2月までの1年間、機内上映プログラムにラインナップされることが決定しました。

  この作品は、2011年度から2012年度にかけて本学の客員教授を務める映画監督の中島貞夫氏の監修の下、「映像制作論」の授業の一環で、全行程を学生が制作したオムニバス映画『嵐電の街、ひと模様』です。
 映像学部では、日本の大学では唯一、世界最大級の映像見本市「香港フィルマート」に出展し、学生が自ら制作した作品を世界中から集まるバイヤーを対象に販売交渉する取り組みを行っています。2015年3月に香港フィルマートに出展したこの作品が、飛行機内で上映する映画を販売する香港の企業「Encore Inflight Limited(以下、アンコール社)」のバイヤーの目に留まり、2015年11月に同社とのコンテンツ販売に関した販売代理契約の締結に至りました。
 その後、アンコール社が、各国航空会社との交渉を進め、このたび、旅客運送数および旅客キロ数で世界最大級のデルタ航空のエグゼクティブクラスの機内上映プログラムにラインナップされることが決定いたしました。アンコール社からは、作品としてのクオリティの高さや学生の熱い想いが評価されているとともに、未来の映画界を担う若者への期待も寄せられており、今後も他社での上映も検討されています。
 映像学部では、世界に通用する人材育成を目指し、制作技術だけでなく、マーケティングや作品プロデュース力を磨くための教育に重点をおいています。今回のアンコール社との販売代理契約の締結と旅客機内での上映決定という実績は、映像学部におけるアート分野とビジネス分野が融合した成果です。映像学部では、2016年3月に開催される香港フィルマートでも作品の出展を予定しています。

■作品概要 『嵐電の街、ひと模様』(2013年、全94分)
予告編映像 リンク
京都で100年以上の歴史をもつ嵐電(京福電鉄)を基軸に、「人とのつながり」をテーマに展開される3つの物語をまとめたオムニバス映画。それぞれ繰り広げられる人間模様を通して、学生から見た社会問題への主張を表現。嵐電の声役を内藤剛志氏が務める。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事