logo

MDTがPicoTeslaの超低ノイズ・超小型TMRリニア磁場センサーを発表

マルチ・ディメンジョン・テクノロジー 2016年01月18日 11時46分
From 共同通信PRワイヤー

MDTがPicoTeslaの超低ノイズ・超小型TMRリニア磁場センサーを発表

AsiaNet 63106 (0061)

【サンノゼ(米カリフォルニア州)、張家港市(中国江蘇省)2016年1月18日PR Newswire=共同通信JBN】
*TMRのセンサーテクノロジーが高精度の工業・生物医学センサー・アプリケーションのためのPicoTeslaの超低ノイズ、超高感度、超小型を実現

マルチ・ディメンジョン・テクノロジー株式会社(MDT)(リンク )は、超小型のSOP8パッケージにおける150pT/rtHz at 1Hzの超低ノイズ、300mV/V/Oeの超高感度を備えた高性能のトンネル磁気抵抗効果(TMR)リニア磁場センサーの新ラインナップであるTMR9001/TMR9002/TMR9003シリーズを発表した。それらは、高性能の工業用センサー・アプリケーションや生物医学センサー・アプリケーション、そして弱磁場や弱電流、金属体検出、非破壊試験(NDT)、磁場コミュニケーション、室温心磁図(MCG)などの精密測定に最適である。TMR9001/TMR9002/TMR9003センサーは、1ボルトの印加電圧の下で作動している間、20マイクロワットの電力を消費するだけである。

インタラクティブなマルチメディア・ニュースリリースを以下で体験:
リンク

Logo - リンク

マルチ・ディメンジョン・テクノロジーの最高技術責任者(CTO)、ジェームズ・G・ディーク博士は「MDTの新しい高性能のTMR磁気センサーは、ホール効果、AMR(異方性磁気抵抗)、GMR(巨大磁気抵抗)を含め、半導体ベースの磁気センサーの中で最低のノイズ、最高の感度を提供する。この優れたノイズ性能は、周波数スペクトル全域で市場にある最高の低ノイズAMR磁気センサーを上回っている。その一方で、われわれの新しいTMRセンサーはまた、最高感度の業界記録を打ち立てた。AMRセンサーのようなセット・リセット機能の必要はなく、ユーザーはフロントエンド回路の複雑さとコストを大きく減らすことができる」と語った。

TMR9001/TMR9002/TMR9003シリーズは、小型形状因子の中での最先端の感度と低ノイズ性能の測定基準を備えた面内TMRリニア磁場センサーである。MDTは、現行のTMR21xxシリーズ(大ダイナミックレンジ)、TMR25xxシリーズ(Z軸センシング)、TMR27xxシリーズ(高感度)、TMR29xxシリーズ(超高感度)と同様に、弱磁場、電流検出、位置・速度検出、セキュリティー監視、車両探知、eコンパス、NDT、モーター・ファン制御、磁場コミュニケーション、室温MCGなどの精密測定を含む広範な工業用・生物医学用・商用センサーのアプリケーション向けにリニア磁場センサーのオールインクルーシブ製品のラインナップを提供する。

MDTは、多様な製品ポートフォリオを備えたTMRセンサーの初の量産サプライヤーである。TMRリニア磁場センサー(リンク )に加え、MDTはTMR磁気スイッチ(リンク )、TMRアングルセンサー(リンク )、TMR歯車センサー(リンク )、TMR磁気イメージセンサー(リンク )を提供する。MDTはまた、TMR/GMR/AMRセンサーのための特注設計、ファウンドリーサービス、IPライセンシングを含む包括的なサービスオプションを提供する。

▽MDTについて
マルチ・ディメンジョン・テクノロジー(MDT)は2010年、中国江蘇省張家港に設立され、支社は上海、米カリフォルニア州サンノゼにある。MDTは独自の知的財産ポートフォリオ、並びに最も条件の厳しいアプリケーション需要を満たす高性能、低価格のTMR磁気センサーの量産をサポートできる最先端の製造能力を開発してきた。MDTは、磁気センサーテクノロジーとエンジニアリングサービスにおけるエリート専門家と熟練者から成る中核経営陣に率いられ、同社顧客のために付加価値を創造し、その成功を確実にすることに尽力している。MDTに関する詳しい情報はリンク を参照。

▽報道関係問い合わせ先
Jinfeng Liu(ジンフェン・リュウ)
jinfeng.liu@multidimensiontech.com
Tel: +1-650-275-2318 (US), +86-189-3612-1156 (China)
Jilie Wei(ジリー・ウェイ)
kevin.wei@multidimensiontech.com
Tel: +86-189-3612-1160 (China)

ソース:MultiDimension Technology

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。