logo

Bournsが村田製作所のトリミングポテンションメータ事業を買収

Bourns, Inc. 2016年01月15日 17時04分
From 共同通信PRワイヤー

Bournsが村田製作所のトリミングポテンションメータ事業を買収

AsiaNet 63112 (0059)

【リバーサイド(米カリフォルニア州)2016年1月15日PRN=共同通信JBN】電子部品の製造・販売大手Bourns, Inc.は15日、村田製作所(ムラタ)のトリミングポテンションメータ事業の特定資産を買収したと発表した。買収資産の移転は2016年初めに開始する。取引の財務的内容は公表されていない。

BournsはTrimpot(R)として商標登録されている世界初のトリミングポテンションメータを発明した。トリミングポテンションメータは今日、世界の事実上あらゆる市場ですべての型式の電子機器の多様な回路調整に利用されている。Bournsは、製造環境の要求に耐えられるよう利用可能な物理的コンフィギュレーションの数とTrimpot(R)製品の能力を増やし続け、顧客が特定のアプリケーションに最適な製品を選べるようデザインの柔軟性を高めている。

Bournsのエリック・マイジャー社長兼最高業務責任者(COO)は「ムラタのトリミングポテンションメータ事業の買収はBournsにとって2つの重要な戦略的利点がある。特にアジアでの競争的地位の強化と、世界で主導的なBournsのTrimpot(R)製品群のさらなる拡大だ。60年前のトリミングポテンションメータの発明者として、ムラタの定評のあるトリミングポテンションメータ製品群の買収によるBournsの先駆的なレガシーの継続を誇りに思う。この買収は、顧客に全体コストを下げつつ価値と機能性を引き上げる製品とソリューションを提供する当社の責任を持続させる」と語った。

Bourns Industrial Divisionのハンス・ファンデルフト副社長兼ゼネラルマネジャーは「Bournsの移行チームは継続性、シームレスな製品の入手可能性、最高水準の顧客サービスを確保するためムラタと緊密に協力している。この移行を指揮するに当たり、Bournsは信頼を生み出してきた業界で第1級の製品の性能、品質、信頼性を同様に継続することをムラタとBournsの双方の顧客に個人的に確約したい」と述べた。

▽ムラタについて
村田製作所はセラミックベースの受動電子部品とソリューション、通信モジュール、電源モジュールの設計、製造、販売の世界的リーダーである。ムラタは先進的電子機材、最先端の多機能・高密度のモジュールの開発に注力し、世界中に従業員と製造施設を保有している。詳細はムラタのウェブサイトwww.murata.com を参照。

▽Bournsについて
Bourns, Inc.はポジションセンサーおよびスピードセンサー、回路保護ソリューション、磁性部品、マイクロエレクトロニックモジュール、パネルコントロール製品、抵抗器などの製造・販売大手である。カリフォルニア州リバーサイドに本社があり、自動車、工業、消費者、コミュニケーション、非重篤なライフサポート医療、オーディオ、その他各種市場部門を含む幅広い市場に奉仕している。会社と製品に関する詳細はwww.bourns.com を参照。

Bourns(R)とTrimpot(R)はBourns Inc.の登録商標であり、Bournsの許可あるいは適正な認定によってのみ使用できる。その他記載されている名前とブランドは、それぞれの所有者の商標もしくは登録商標である。

▽代理店問い合わせ先
Annette Keller
Keller Communication
+1-707-947-7232
annettekeller@sbcglobal.net

▽会社問い合わせ先
David Scofield
Bourns, Inc.
+1-951-781-5054
david.scofield@bourns.com

ソース:Bourns, Inc.

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。