logo

業務アプリを低コスト・短期間で開発するサービス 「dg業務アプリ工房」を提供開始

株式会社デージー・テクノロジーズ 2016年01月14日 11時35分
From RELEASE PRESS



株式会社デージー・テクノロジーズ(東京都千代田区小川町3番地36-3 栄信ビル4F 代表取締役 水野雄二)は、既存のリソースを活用することでユーザーの業務に最適化した業務アプリを低コスト・短期間で開発するサービス「dg業務アプリ工房」を2月1日より開始いたします。

デージー・テクノロジーズは、これまで様々な業務アプリを開発してきました。
「dg業務アプリ工房」はそのノウハウを活用し、今まで開発してきたソフトウェアリソースを最大限活用し、中小企業のお客様に低コストでパッケージソフトでは実現できないそれぞれの企業のニーズに合った業務ソフトを開発するサービスです。

従来、多くの中小企業の業務は、ExcelやAccess等を使って個別に行ってきました。その場合、汎用アプリであることによる機能の問題はもとより、それを使う人のスキルによって生産性が大きく左右されます。「dg業務アプリ工房」によって開発された専用アプリを利用すれば、業務フローに合わせて業務の自動化が実現します。これにより、作業者のスキルに頼ることなく、クラウド上ですべての業務が完結する、企業のICT化を推進させることができます。

「dg業務アプリ工房」は、デージー・テクノロジーズがいままで開発してきた業界・分野のソフトウェアに限定することで、蓄積した開発リソースやノウハウを活用することが可能になり、従来なかった低コストでのオーダーメードソフトの開発を実現しました。業務が複雑化し、ExcelやAccessだけでは対応が難しくなった場合、中小企業ではコストを抑えるために業務パッケージの導入を検討するケースが多いのですが、会社によって異なる日常業務を汎用パッケージでこなそうと思うと、どうしても無理が生じます。
デージー・テクノロジーズのサービスを利用すれば、個々のユーザーのニーズに合わせた最適な業務環境を実現することができます。

■低コストの理由

「dg業務アプリ工房」では、すでに開発済みの基本機能をお客様のニーズに合わせてカスタマイズすることで開発工数を削減しています。見積管理、受注管理、発注管理、販売管理、生産管理、在庫管理、顧客管理などの業務アプリの基本となる機能別のソフトウェアを組み合わせることで、新規の開発を最小限にとどめている他、その他の機能につきましても、過去に開発したライブラリ等を最大限活用することで、できる限り開発工数を減らし、コストを削減します。
また、Webアプリを開発する際には、弊社標準Web構築ツール「dgAPbuilderフレームワーク」を利用し、効率的な開発を行います。

■対象の業務システム例

・製造業向け ドキュメント管理システム
・製造業向け 物流管理システム
・中小企業向け 経営改善支援システム
・中小企業向け リソース管理システム
・試料送付型診断サービス向けシステム
・会計事務所向け 税務申告支援システム
・情報マッピングシステム

■サービス名

業界別業務アプリ開発サービス 「dg業務アプリ工房」

■サービス開始日

2016年2月1日

■価格

アプリケーションおよび開発内容等によって変動

■関連サイトのご案内

サービス詳細ページ
URL:リンク
デージー・テクノロジーコーポレートサイト
URL:リンク

■お問い合わせ

株式会社デージー・テクノロジーズ
TEL:03-3233-2160
E-Mail:info-dg@dgtech.co.jp

■株式会社デージー・テクノロジーズについて

DatabaseとGeometry(幾何学)の頭文字をとって「デージー・テクノロジーズ」としたのが社名の由来です。
オブジェクト指向技術に基づいたシステム実装技術を得意としており、多くのプロジェクトで大手企業からも高い評価を得てまいりました。
『誠実』『優秀性』『革新性』『顧客満足度』を企業理念とし、『ビジネスアプリによるデータ処理「D」と、CADの図形処理「G」というふたつのIT分野に特化して事業に取り組んでいます。

会 社 名: 株式会社デージー・テクノロジーズ
所 在 地: 〒101-0025東京都千代田区小川町3-6-1栄信ビル4F
代 表 者: 代表取締役 水野雄二
設   立: 2002年3月
資 本 金: 16,000,000円
事業の内容: コンピュータソフトウェアの受託開発 
       ソフトウェア・パッケージの開発/販売
       IT技術者派遣事業

リリース詳細へ リンク
リリースプレスへ リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事