logo

地域住民の安心・安全な暮らしの実現を支援 -- 大阪工業大学が奈良県十津川村に雨量計を設置

大阪工業大学 2016年01月14日 08時05分
From Digital PR Platform


大阪工業大学都市デザイン工学科の地盤防災研究室(日置和昭准教授)は、2015年12月、奈良県十津川村に雨量計を設置した。


 都市デザイン工学科の地盤防災研究室(日置和昭准教授)は、2015年12月、奈良県十津川村の旭地区、出谷地区に雨量計を設置した。これは、同大が同村と締結している包括連携協定に基づき、一般社団法人近畿建設協会からの研究助成金の一部と、昭和エンジニアリング(株)・川崎地質(株)からの奨学寄附金の一部を使用して設置したもの。

 同研究室は、2011年の紀伊半島大水害で甚大な被害を受けた同村で、災害の翌年から「深層崩壊発生危険度」の監視や情報発信などを行っている。

 同大が同村に設置した雨量計は、(株)常翔ウェルフェアの寄贈によって昨年8月に設置した五百瀬地区に続き、計3基となる。同研究室は今後も地域住民の安心・安全な暮らしの実現を支援していく。

▼本件に関するお問い合わせ先
 大阪工業大学広報室<担当:田中>
 TEL: 06-6954-4026(常翔学園広報室)

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。