logo

『TS500P-3200』販売開始のお知らせ

株式会社ミマキエンジニアリング 2016年01月13日 15時00分
From 共同通信PRワイヤー

2016年1月13日

株式会社ミマキエンジニアリング

3.2m 幅スーパーワイド昇華転写インクジェットプリンタ
『TS500P-3200』販売開始のお知らせ

株式会社ミマキエンジニアリング(本社/長野県東御市、代表取締役社長/小林 久之)は、インテリア・テキスタイル向け3.2m 幅 Roll to Roll 水性昇華転写用インクジェットプリンタ「TS500P-3200」の販売を2016 年2 月より開始いたします。

インテリア・テキスタイル市場では、短納期・少量多品種のニーズに合わせ、生産コストの安い地域でのアナログ印刷による大量生産から、消費地近くでのオンデマンド生産が可能なデジタルプリントへの移行が加速すると当社は考えております。さらに、カーテン、ソファー、ベッドカバー等、インテリア・テキスタイル市場では広幅の昇華転写プリントが必要になります。また、これまでソルベントインクで塩ビシートにプリントされていた大型の屋内サインも、軽くコンパクトに折り畳め輸送時の環境不可が少なく、施工後にVOC(揮発性有機化合物)が出ない環境に配慮した布にプリントしたソフトサインに置き換わりつつあり、広幅の昇華転写プリンタの需要は高まっております。

『TS500P-3200』は新型ヘッド全12 基を4 基ずつ3 スタガで配列することで最高180 m2/h(※1)の高速プリントを実現しました。新規設計のAMF(Auto Media Feeder)を搭載し、180 m2/h の高速プリント時にも転写紙を安定して搬送することで高画質プリントを維持します。また、吐出するインクのスピードを速くし直進性を高める新型ヘッドにより、安価な薄い転写紙を使用する際にヘッドギャップを高くしても着弾精度を落とさず高画質でのプリントが可能です。さらに、パスの端を拡散させ、境界線をグラデーションのようにプリントする「MAPS4」(Mimaki Advanced Pass System 4)を搭載することで、バンディングや色ムラの発生を軽減し美しいプリントを実現します。
最大3.2m幅の昇華転写紙へプリントが可能な『TS500P-3200』は、カーテン、ソファー、ベッドカバーといった広幅の生地が必要なインテリア・テキスタイル市場や、急速に普及している屋内ソフトサインでお使いいただける、美しいプリントと、「高生産」を活かす「安定性」を備えた3.2m 幅スーパーワイド昇華転写インクジェットプリンタです。

※1:180 m2/h:4 色ドラフトモード 360×360(HQ)dpi 2Pass

◎機種概要
 ●3.2m 幅スーパーワイド昇華転写プリンタ
 ● 最大180 m2/h の高速プリントで高い生産性を実現
 ●3.2m 幅への高速・高画質プリントを実現する新型ヘッド&安定搬送機構
 ●「仕事を止めない」連続運転ソリューション

<Webサイト>
リンク

■株式会社ミマキエンジニアリングについて
 株式会社ミマキエンジニアリングは、業務用インクジェットプリンタ、カッティングプロッタ及びインク等の開発・製造・販売・保守サービスを一貫して行う開発型企業として、「新しさと違い」にこだわり、常に先進性と独自性のある製品を提供しております。販売市場は、広告・看板等の製作用途のSG(サイングラフィックス)市場、工業製品や一般消費者向け商品等の加飾用途のIP(インダストリアルプロダクツ)市場、衣料品や布地等への捺染用途のTA(テキスタイル・アパレル)市場の3つであり、連結売上高の約75%を海外で獲得するグローバルな事業展開を行っております。当社が他に先駆けて提案してきたインクジェットプリンタによるデジタル・オンデマンド生産は、産業界でニーズが高まりつつある多品種少量生産を低コストかつクリーンに実現できることから、その利用領域が全世界的に急拡大しております。当社は、市場に存する多様なニーズを迅速かつ的確に捉え、そこに狙いを絞った製品を素早く提供することで、今後もデジタル・オンデマンド生産のマーケットリーダーとして新たな市場と顧客を創出してまいります。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。