logo

Proton OnSite M Series PEMメガワット電解槽により、障害や効率損失の無い500,000時間以上の電池作動時間を達成

JCN 2016年01月12日 11時20分
From JCN Newswire


WALLINGFORD, CT, Jan 12, 2016 - ( JCN Newswire ) - 固体高分子形燃料電池(PEM)水電解槽技術の世界大手企業、Proton OnSiteは、メガワット(MW) M Series PEM水素発電システムが、障害や効率損失なしに電池作動時間500,000時間以上を達成したことを、本日発表しました。この成果は、Proton OnSiteが20年にわたるイノベーションで強い影響力を発揮し、PEM技術で電池作動時間10億時間以上の実績を積んできたことを示すものです。2015年1月に発表されたM Seriesは、他の商用PEMシステムの13倍の水素を生産します。生産能力の高さに加えて、M Seriesでは、水素生産量1キログラムあたりの資本コストが50%以上節減されます。

再生可能エネルギー業界の成長により、大規模エネルギー貯蔵ソリューションの需要が生まれました。M Seriesでは、電力の余剰、回収不能分または節減分を拡張可能でコスト効果の高い方法で水素に変換することでこの需要に対応し、カーボンフリーな大容量エネルギー取得および貯蓄ソリューションを提供します。

「M Seriesで障害や効率損失なしに電池作動時間500,000時間以上を達成したことや、設置件数が75か国以上で2500か所を超えたこと、消費者ニーズに対応するダイナミックソリューションの作成で20周年を迎えたことなど、Protonには競合他社とはっきりと差別化される多くの優位性があります。」と、Proton OnSite社長兼CEOのRobert Friedlandは述べました。「以前に強調したように、PEM電解槽をうまく機能させるには、構築が複雑すぎてはならないことを理解することが大切です。真の課題は、真の業界アプリケーションのために、システムを頑丈で安全かつ信頼性の高いものとすることです。Protonは、設置件数、経験、開発期間の点で特に優れたPEM電解槽企業です。このような経験を新しいM Seriesに活かすことが、比類ない電池性能を提供する鍵となり、Protonは競合技術より数年先を行くこととなりました。」

PEMには、再生可能エネルギー入力に迅速に反応するというユニークな機能があるため、電気分解でよく使われる手法です。さらに、年間保守費用が従来のアルカリ電解技術に比べ、大幅に節減されます。M Seriesは多くの大規模産業市場で、水素の配送よりも非常にコスト効果の高いPower-to-Gasアプリケーション手法であり、経済的な代替策です。

「M Seriesユニットは、既存の製品ラインから期待される高品質、高性能、長寿命をさらに向上して、電池作動時間500,000以上というマイルストーンを先日達成し、市場全体でイノベーションや影響の高い技術の推進のレベルアップを続けています。今回の素晴らしい達成は、電気分解分野でのProtonの優位性をまたひとつ証明するものです。」と、Proton OnSite販売、サービス、マーケティングSVPのDavid Bowは述べました。「M Seriesは反応時間の速さ、耐久性、コスト効率により、さらに多くのエネルギー貯蔵、Power-to-Gas、乗物燃料プロジェクトに対応する能力があることを実証し、事業の前進に必要な財務収益を上げるでしょう。」

Proton OnSite

Proton Energy Systems, Inc. d/b/a/ Proton OnSiteは、水素ガスソリューションのグローバル大手です。同社は1996年以来、お客様の多様な要件に最適な、創造的かつ実用的な水素技術の開発と応用を行っています。Proton OnSiteは、発電機冷却、分析ラボ、半導体製造、素材加工など様々な市場に商業用水素、窒素および空気清浄設備を販売しています。Proton OnSiteは、軍事、航空宇宙、燃料、および再生可能エネルギー業界で信頼されているパートナーです。Proton OnSiteは、その先進的な固体高分子形燃料電池(PEM)電気分解システムと、卓越性と品質への妥協のない取り組みを強みに、全世界でガス発生装置の提供、設置、サポートを行っています。また、Proton OnSiteではサービスも拡大し、タンクやコンプレッサなどの付属設備を含むパッケージソリューションを提供するようになりました。これらの製品およびサービスによりProton Onsiteは、さまざまな市場にサービスを実施し、ターンキーおよびエンジニアソリューションを提供できます。詳しい情報については、 リンク をご覧ください。

画像: リンク

詳しくは、下記にお問い合わせください。

Proton OnSite
Kathleen Mullins
Proton OnSiteプレスお問い合わせ先
電話: +1-203-678-2132
メール: KMullins@ProtonOnsite.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事