logo

【FXTFミラートレーダー】第2回トップストラテジーコンテストを開催/FXトレード・フィナンシャル

FXトレード・フィナンシャル【FXTF】 2016年01月07日 09時01分
From PR TIMES



今月2016年1月、FXTFミラートレーダー口座をお持ちのお客様を対象に
「第2回トップストラテジーコンテスト」を開催します。
開催期間:2016年1月4日(月)AM7:00~2016年1月30日(土)AM6:50

◆詳しくはこちら:トップストラテジーコンテスト
リンク

[画像1: リンク ]



期間中のお客様のストラテジーによる自動売買の損益をもとにランキングを決定し、上位のお客様には賞金を贈呈いたします。

イベントを通して、自動売買で利益をあげたお客様の収益に最も貢献した「トップストラテジー」に注目していきます。

◎第1回トップストラテジーコンテスト(2015年12月)のランキング結果についてはこちら
QuickShift GBPAUDが2015年12月のトップストラテジーコンテスト1位
リンク


▼ストラテジーの選び方が分かる『FXTFミラートレーダー運用レポート』ブログ&メルマガ
リンク
[画像2: リンク ]



FXTF公式ブログにミラートレーダーのストラテジー情報発信コンテンツを追加しました。

毎週最新のストラテジー情報を元に、様々なストラテジーを例にストラテジーの見方・考え方や選ぶ上で注目するべきポイントを本郷喜千氏が動画&記事で解説します。

▼最新のWEBセミナー
毎週、最新のストラテジー情報を元に本郷喜千氏が動画で解説します。
「リスクリターン率の向上」がポートフォリオを組むメリットです【12月第5週WEBセミナー】
リンク

[画像3: リンク ]

講師:本郷喜千(ほんごう よしゆき)氏

インディ・パ株式会社代表取締役CEO。他人任せの運用の失敗をきっかけに自己でアルゴリズムトレーディン グを実践。実践の過程で統計学や確率論に興味を持ち、トレーディングを含むビジネスへの応用に気づく。

現在、選択型自動売買プラットフォームの分野で世界 で最も普及している「ミラートレーダー」開発会社トレーデンシー(Tradency)の日本代表を兼任。趣味はジョギングと旅行。


インディ・パ株式会社 公式HP:リンク

▼メルマガ配信サービス
FXTFミラートレーダーを利用中のお客様を対象に、最新のストラテジー情報を発信するメールマガジンの配信を行っています。

配信希望・配信停止については、マイページのお客様情報の「広告メール配信サービス」設定で変更が可能です。

▼入金方法/口座開設/ログインについて
FXTFミラートレーダー口座への入金方法(24時間クイック入金/振込入金):リンク
サービス口座間の資金移動(振替)について:リンク
FXTFミラートレーダー口座開設はこちら:リンク
デモ口座の開設申込みはこちら:リンク
FXTFミラートレーダーにログインする:リンク

【ご注意】
ストラテジーカードの履歴は、弊社の提示レートではなく、FXTF ミラートレーダーの取引システム提供元であるトレーデンシー社、及び、各シグナルプロバイダーが利用している市場実勢レートを基に計算されております。従いまして、必ずしも、個々のお客様の実際の運用成績と必ずしも一致するものではありませんので、ご了承ください。

▼ソーシャルメディア
※ツイッター(@FXTF_PR)のフォローでFXTF最新情報がすぐに分かるので、おすすめです。
FXTF公式Twitter(PR用):リンク
FXTF公式Facebook:リンク
FXTF YouTube公式チャンネル:リンク

■□■会社概要
商号:株式会社FXトレード・フィナンシャル
(略称:FXTF、英語名称:FXTrade Financial Co., Ltd.)
所在地:〒108-0073 東京都港区三田2-11-15 三田川崎ビル4F
代表者:代表取締役社長 鶴 泰治
株主資本:10億82百万円 【資本金:3億5千万円】 (2014年3月末現在)
設立:2006年6月14日
金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第258号
加入団体:一般社団法人 金融先物取引業協会 会員番号 第1570号、一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 012-02639

【リスク警告】
外国為替証拠金取引においては、お客様が当社に預託した証拠金を担保として、実際には証拠金と比較して多額の通貨を取引します。したがって、外国為替相場 の変動がお客様の損益に与える影響は、証拠金と取引額の倍率に従って大きく増幅されます。外国為替証拠金取引はハイリスク・ハイリターンな取引であり、元 本保証はありません。外国為替証拠金取引においては、取引対象である通貨の価格の変動により損失が発生することがあり、取引金額がその取引についてお客様 が預託すべき証拠金の額に比して大きいため、その損失の額が証拠金の額を上回ることがあります。取引対象である通貨の金利の変動によりスワップポイントが 受取りから支払いに転じることもあります。相場状況の急変により、ビッド価格(お客様の売付価格)とオファー価格(お客様の買付価格)のスプレッド幅が広 くなったり、意図した取引ができない可能性があります。取引システムまたは金融商品取引業者及びお客様を結ぶ通信回線等が正常に作動しないことにより、注 文の発注、執行、確認、取消しなどが行えない可能性があります。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。