logo

世界の医療団 主催 アンダーズ 東京 協力 東日本大震災から5年「忘れない」「続ける」を合言葉に チャリティコンサート&ブッフェ 開催のお知らせ

世界の医療団 2016年01月06日 16時30分
From Digital PR Platform


認定NPO法人「世界の医療団」(本部:東京・港区 理事長:オスタン・ガエル)は、震災から5年を迎える2016年3月11日、アンダーズ 東京様のご協力を賜り、チャリティイベントを開催する運びとなりました。

■東日本大震災から5年「忘れない」「続ける」を合言葉に チャリティコンサート&ブッフェについて
世界の医療団は、2011年3月11日の東日本大震災発生直後から医療支援活動を開始し、現在も「忘れない」「続ける」を合言葉に、こころのケア活動を福島県で続けています。震災から5年が経ち、被災された皆さまが置かれている背景は多様化しており、よりきめ細やかな「こころの支援」が必要となっている状況です。
震災から5年を迎える2016年3月11日、世界の医療団は、アンダーズ 東京 51階 Tokyoスタジオにて、被災地の皆さまに今一度思いを寄せるべく、チャリティイベントを開催いたします。世界で活躍されているテノール歌手のマシュ サショー氏とピアニストの十川菜穂氏によるコンサートの開催、また、コンサートの後は、映像や医療ボランティアの生の声を通して「福島の今」をお伝えするとともに、アンダーズ 東京様がご用意くださいます素晴らしいブッフェをお楽しみいただきます。

日時: 2016年3月11日(金) 18時30分開場 19時開演
会場: アンダーズ 東京 51階 Tokyoスタジオ
定員: 150名
ご寄付: お一人10,000円もしくはそれ以上(被災地での医療支援活動に対するご寄付となります)
出演アーティスト: マシュ サショー Matthieu Sachot (テノール)
          十川菜穂 Naho Sogawa (ピアノ)

■お申込み方法、詳細なイベント情報
リンク

本件の取材、内容に関するお問い合わせ先
世界の医療団 担当 関 麻衣
メール:info @mdm.or.jp 電話:03-3585-6436

世界の医療団について
「世界の医療団」は1980年にパリで発足した、世界各地に医療・保健衛生分野の専門スタッフ中心に派遣し、人道医療支援に取り組む国際NGOです。国籍、人種、民族、思想、宗教などのあらゆる壁を越えて、世界で最も弱い立場にある人々に支援の手をさしのべることが、私たちの活動です。医療支援のほかにも、世界の医療団のボランティアたちは活動の障害となるさまざまな人道に反する行為や状況を世界に向けて「証言する」活動も行っています。世界の医療団は、決して耳を傾けられることのない弱い立場の人々の声であっても、世界の隅々にまで届けるべきと考えます。
世界の医療団ホームページ
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事