logo

トリップアドバイザー、中国人旅行者の注目を集める海外旅行先を発表

トリップアドバイザー株式会社 2015年12月25日 17時00分
From PR TIMES

--中国人旅行者が秋の大型連休に訪れた都市と、冬休みに訪れたい都市が明らかに! 秋に訪れた都市は「バンコク」、この冬最も注目する都市は「大阪」 --

世界最大の旅行サイト「TripAdvisor(R)」の日本法人であるトリップアドバイザー株式会社(本社:東京都渋谷区、リンク)は、今年の秋の大型連休期間(中秋節・国慶節)に海外旅行をした中国人旅行者が訪れた都市、および冬休み期間の海外旅行先として中国人旅行者が注目する都市を発表しました。これは、中国本土の旅行者に向けて展開するサイト「トリップアドバイザー マオトゥイン(猫途鹰)」( リンク)のデータをもとに集計しています。

トリップアドバイザーを利用する中国人旅行者が秋の大型連休期間に訪れたのはアジアとヨーロッパ

トリップアドバイザーでは秋の大型連休期間(中秋節・国慶節、2015年9月26日~10月11日)のアプリの位置情報データをもとに、中国人ユーザーが実際に訪れたアウトバウンド旅行先Top10を集計。結果は以下の通りで、アジアとヨーロッパを訪れたユーザーが多かったことが明らかになりました。

■秋の大型連休期間にトリップアドバイザーを利用する中国人旅行者が訪れた海外都市Top10 
※()内は2014 年順位との比較

1 バンコク (+3)
2 パリ (+6)
3 ミラン (+1)
4 ローマ (+5)
5 東京 (+10)
6 シンガポール (-6)
7 ハノイ (+20)
8 バルセロナ (+13)
9 台北 (-2)
10 クアラルンプール (-8)

2014年と比較して大きく順位を伸ばしTop10にランクインしたのは、ベトナムのハノイでした。東京も15位から10ランク上げ、5位に入りました。

増加する中国本土のアウトバンド旅行者をターゲットに、トリップアドバイザーでは2015年5月末に新ブランド『トリップアドバイザー マオトゥイン(猫途鹰)』を発表しました。9月のiOSのアプリダウンロード数は5月の3倍を記録し、ブランド刷新に対してユーザーはポジティブに反応しています。

今年の冬休みにトリップアドバイザーを利用する中国人旅行者が注目する10都市の半分は日本

また、トリップアドバイザーのサイトに2015年10月中にアクセスした中国人旅行者のデータから、冬休み期間(2015年12月から2016年2月)にアクセスを集めたアウトバウンド旅行先Top10を集計したところ、以下のような結果となりました。大阪が最も多くのアクセスを集め、2位に札幌、5位に京都、8位に東京、9位に福岡と、日本から5都市がランクイン。中国人旅行者が東京以外の都市にも注目していることが分かります。

■冬休み期間の旅行先としてトリップアドバイザーを利用する中国人旅行者が注目した海外都市Top10


1 大阪
2 札幌
3 ソウル
4 台北
5 京都
6 シンガポール
7 バンコク
8 東京
9 福岡
10 香港
※ 香港は中国本土からの旅行者の「アウトバウンド旅行先」として定義しています。

トリップアドバイザーのアジア・パシフィック社長リリー・チェンは次のようにコメントしています。
「個人旅行を好む中国人旅行者、特に1980年から2000年前半に生まれたミレニアル世代は、海外旅行をする際にその地でしかできないようなユニークな経験を求めています。『トリップアドバイザー マオトゥイン(猫途鹰)』は、そんな旅行者たちにとってプラニングおよび現地滞在時に不可欠なサイトになりつつあります。中国人旅行者にとって日本はユニークな経験ができる旅行先として来年も引き続き人気を集め、中国人旅行者たちは更に日本に対する興味を深めていくであろうと考えています。」

トリップアドバイザーとは:
トリップアドバイザーは、旅行者が最高の旅行を計画し、予約できる世界最大*の旅行サイト。何百万もの旅行者のアドバイスと、幅広い旅行の選択肢および数百を超える予約サイトから最安値を検索できるツールとシームレスにつながったプランニング機能を提供しています。世界最大の旅行者のコミュニティとして、世界47カ国でサイトを展開し、世界530万軒を超えるホテル、レストラン、観光スポットに対して2億9,000万件以上の口コミ情報を掲載しています。月間ユニークユーザー数は約3億5,000万人**。TripAdvisor, Inc. (本社:米国マサチューセッツ州ニュートン、NASDAQ:TRIP)は、トリップアドバイザーブランドサイトのほか、以下の23の旅行関連サイトを運営しています:
リンク リンク リンク リンク リンク リンク リンク (リンク リンク リンク リンク リンク を含む),リンク リンク リンク リンク リンク リンク リンク リンク リンク リンク リンク リンク リンク リンク リンク リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事