logo

OKI、車載ユニット向け「塩水複合サイクル試験」を提供開始

JCN 2015年12月24日 10時50分
From JCN Newswire


TOKYO, Dec 24, 2015 - ( JCN Newswire ) - OKIグループの信頼性評価と環境保全の技術サービスを展開するOKIエンジニアリング(社長:柴田康典、本社:東京都練馬区、以下OEG)は、関東エリアでは初めてとなる、自動車の駆動ユニットなど大型部品の「塩水複合サイクル試験」サービスを本日より提供開始します。新サービスは、大型車載部品における塩水のほか、乾燥や湿潤など厳しい環境ストレスに対する耐性の評価が可能となり、お客様の商品開発をサポートします。

本来の塩水噴霧試験は、試験材料に塩水を噴霧し腐食を促進させてから試験材料の耐食性を評価するものです。しかし、近年は塩水噴霧に湿度変化を組合せて、より実際の利用環境に近い状況での試験が求められるようになり、これらの複合試験が耐食性の評価方法として用いられるケースが多くなってきています。さらに、車載部品メーカーにおいては駆動部品などに電子回路部を組込み一体化する傾向があり、ユニットごと試験したいという要望が多くなっています。しかし、従来の試験機ではサイズ・耐荷重の制約によりそのニーズに対応できていませんでした。今回OEGが導入した「大型複合サイクル試験機」では、噴霧に加え乾燥・湿潤の繰り返しを組合せた試験が可能なうえ、試験槽内寸法がW2000×D1000×H500mmと大容量なため、EVの駆動ユニットを分解、加工することなく丸ごと評価できます。

本試験ができる第三者試験所は関東エリアではOEGが初めてです。また試験対象は車載ユニットのほか、家庭用太陽光発電向けのパワーコンディショナーなど屋外設置機器にも適用可能です。さらに従来から提供している塵埃試験、振動試験などと合わせワンストップで提供可能で、これらのサービスの利用により、お客様は自社で設備・人的投資をすることなく、効率よく信頼性環境試験、分析、解析などを実施できます。

今後もOEGは、お客様のニーズに対応した試験技術の向上や設備の充実を継続的に進め、試験設備を保有しない電子機器メーカーの設計・開発・製造を支援していきます。

【販売計画】
価格: 20万円~/件(税込)
販売目標: 800万円/年
サービス提供開始時期: 2015年12月24日

【リリース関連リンク】
「塩水噴霧試験」紹介サイト: リンク

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
リンク

概要:沖電気工業株式会社

OKIは米国でグラハム・ベルが電話機を発明したわずか5年後の1881年に創業した、日本で最初に電話機を製造した情報通信機器メーカーです。先見性と勇気をもって果敢に挑戦・行動するという、創業以来の「進取の精神」を連綿と受け継ぎ、ブランドスローガン「Open up your dreams」のもと事業展開しています。現在、「金融システム」「通信システム」「情報システム」「プリンタ」「電子部品・モジュール他」の5つの分野において、OKIグループは社会の発展に寄与する最先端技術の商品・サービスをお客様にお届けし、世界の人々の快適で豊かな生活の実現に貢献しています。詳細はこちらからご覧ください。 リンク

本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
OKI 広報部 葛
電話: 03-3501-3835
e-mail: press@oki.com

本件に関するお客様からのお問い合わせ先
OKIエンジニアリング システム評価事業部 北関東試験センタ
電話: 0495-22-8140
お問い合わせフォーム URL: リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事