logo

ソフトウエア開発テスト自動化ツールの販売開始、英TestPlant社と国内販売代理店契約を締結

丸紅情報システムズ株式会社 2015年12月24日 10時06分
From 共同通信PRワイヤー

2015年12月24日

丸紅情報システムズ株式会社

ソフトウエア開発テスト自動化ツールの販売開始、英TestPlant社と国内販売代理店契約を締結

丸紅情報システムズ株式会社(略称:エムシス/MSYS 本社:東京都渋谷区 社長:伊吹 洋二)は、ソフトウエア品質検証ツール専業メーカーの英テストプラント社(Testplant Europe Limited. CEO:George Mackintosh 本社:ロンドン 設立:2008年)と国内販売代理店契約を締結し、同社製のソフトウエア品質検証ツール「エッグプラント(eggPlant)」の販売を2015年12月24日から開始します。エッグプラントは、PC、スマートフォン、タブレット、大型汎用コンピュータ等の様々な端末で稼働するソフトウエアの機能テスト自動化ツール「エッグプラント・ファンクショナル(eggPlant Functional)」を軸に、テスト用途に応じて8製品をラインアップしています。

中核製品の「エッグプラント・ファンクショナル」は、ソフトウエアが稼働するOS、WEBブラウザ、端末の種類にかかわらず、クロスプラットフォーム(機器間の互換性)でのテストを自動化する環境を素早く構築することが可能です。従来のテスト自動化ソフトウエアは、専門的な技術が必要で、アプリケーションの仕様変更に伴うテスト用スクリプトの改修が困難等の課題がありました。同製品に使われるテスト自動化用スクリプトは、開発者でなくてもわかりやすく、専門知識が必要ないので改修も簡単です。また、同社が米国特許(US7870504 B1)を取得しているリモートデスクトップ環境のVNC(Virtual Network Computing)サーバーを活用したテスト自動化技術と、画像認識技術、OCR(光学式文字読取装置)技術が採用されています。
テスト端末の画面上でテスト手順に従ってアプリケーションを手動で操作すると、独自技術によってその操作手順を記録し、視認性の高いテスト自動化用スクリプト(SenseTalk)を生成します。次回以降は、生成されたスクリプトに従って、自動で同じ手順の操作を行うことができます。キーボード、マウス、画面を使って操作するアプリケーションであれば、どのような端末上でもテストの自動化を実現します。
日本語、英語、中国語等の複数言語に対応し、操作画面上のメニューや機能ボタン等を自動認識し、端末ごとに操作画面上のメニューや機能ボタンの配列が異なる場合にも、ソフトウエアの機能テストにおける省力化が可能。同製品によるテスト自動化によって、人的ミスの排除、テスト工数の削減、テスト期間の短縮、製品リリースの迅速化が図れます。
エッグプラント・ファンクショナルの活用例は、アイフォーン(iPhone)用に開発されたアプリケーションをアンドロイド(Android)用に移植した際のテスト、GUI画面を有するプログラム開発でのテスト、車載画面操作テスト、医療機器システム開発等の組込み機器のテスト等があります。
エッグプラントは、金融、通販、アミューズメント等のアプリケーション開発分野で幅広く採用されています。既にワールドワイドでは500社以上の導入実績があります。エッグプラントは、エッグプラント・ファンクショナルのほか、アプリケーション負荷・パフォーマンステストツール、ネットワークエミュレーションツール等があります。テストプラント社の他製品のラインアップは、「ラインアップ表」をご参照願います。

近年のIoT(Internet of Things)の拡大により、インターネットへ接続するHMI(ヒューマンマシンインターフェイス)を持った機器開発がますます増えています。このような機器のテストにも有効活用が可能で、特にシステム機器におけるバイオスレベルでのテスト自動化において活用できます。自動車分野では、車載インフォテイメント(In-Vehicle Infotainment)技術の拡大により、従来のカーナビゲーションシステムとカーオーディオの役割を超え、快適性の向上だけでなく、自動運転や安全支援、環境負荷の低減等で、アプリケーションの重要度が高まっています。また、社内外の膨大な量の情報を共有するクラウド技術やビッグデータ解析技術、人工知能などの登場により、あらゆる「モノ」に高度な通信機能が組み込まれ、インターネットにつながれたデバイス間相互での高速情報伝達技術の拡大と発展により、アプリケーション開発時のテスト効率化が強く要求されています。

MSYSでは、これまで自動車機器、医療機器、光学機器、分析機器、通信機器等の製造分野や、ゲーム開発、IT、リテール分野等のアプリケーション開発向けにソースコード静的検証ソフトウエア「クロックワーク(Klocwork)」の販売と技術サポートを行って来ました。エッグプラントを取扱い商材に加え、ソフトウエア品質検証ソリューションを今後も拡充して行きます。エッグプラントの販売開始から3年間で10億円の売り上げを計画してします。

【ラインアップ表】

・eggPlant Functional:デスクトップからモバイルまで対応のクロスプラットフォーム機能テスト自動化ツール
・eggPlant Performance:クラウドベース、サーバーベースアプリケーション用負荷/パフォーマンステストツール
・eggPlant Network:エンドツーエンドの各種テスト実施およびユーザーエクスペリエンス用ネットワークエミュレーションツール(LAN/WAN/3G/4G/Wi-Fiなど)
・eggPlant Manager:テスト環境管理およびテスト実行管理ツール
・eggPlant Cloud:自動化テストおよびマニュアルテスト用のプライベートかつセキュアなテストクラウド環境構築ツール
・eggPlant Man:各種テスタとあらゆるテスト対象システムを接続するマニュアルテストツール
・eggPlant Integration:ALMとCI製品へのインテグレーションオプション
・eggplant Box:オールインワン テストラボ用パッケージ

【製品ホームページ】
リンク

【テストプラント社について】
TestPlant社は英国ロンドンを拠点とする国際的なソフトウエア企業です。米国と英国に開発センターを置き、サポートセンターは米国、英国、ドイツ、日本、中国にあります。TestPlantは、Red Herring Global Top 100 、Deloitte UK Technology Fast 50、そして EMEA 500 に選ばれ、Queen’s Awards for Enterpriseを2回受賞しています。あらゆるデバイスのソフトウエアアプリケーション上、またはデータセンターやネットワーク上での作動状況をエミュレーションした環境でのテストとモニタリングを行う各種ソフトウエア品質用ツールを開発しています。実際のプログラム動作の不具合を追跡する際に、人手を介して行う動作テストのフローのスクリプトをGUIベースで生成し、自動的にそのスクリプトを実行するソリューションを提供しています。既に30 カ国以上で金融サービス、自動車、医療、バイオテクノロジー、メディア、エンターテイメント、小売、防衛、航空宇宙などの多くの分野で採用されています。
テストプラント社ホームページ: リンク

【丸紅情報システムズについて】
丸紅情報システムズは、最先端ITを駆使した付加価値の高いソリューションやサービスを、お客様視点で提供するソリューションプロバイダです。
製造・流通・サービス・小売・金融業を中心とする様々な業界の知見と高度な提案力と、グローバルな視点からお客様の差別化に貢献する最先端技術やそれを活用した新しいソリューションの開発力が当社の強みです。
ソリューションや製品、サービスを通じて、お客様の期待を超える新しい「価値」の創出でお客様のビジネスを支援します。

<お問い合わせ先>
丸紅情報システムズ株式会社
URL: リンク 
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-12-18 渋谷南東急ビル
広報部 広報課(プレス関係者窓口)
電話:03-5778-8885 ファックス:03-5778-8999

<製品に関するお問い合わせ>
丸紅情報システムズ株式会社
製造ソリューション事業本部 デバイスソリューション部
電話:03-5778-8924

*文中の製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です。
*ニュースリリース記載の情報は発表日現在の情報です。記載の情報は予告なく変更される場合があります。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。