logo

クラウド サービスに最適化したセキュア高速大容量ファイル転送システムHSFTの提供開始-Amazon Simple Storage Service (Amazon S3)との連携を強化した新製品投入-

株式会社シミュラティオ 2015年12月24日 09時00分
From DreamNews

株式会社シミュラティオ(以下、シミュラティオ)は、日々成長するクラウド・サービスと急速に増大するデータ量に対処するため、全くユニークで新しいアルゴリズムを搭載し、多重化通信により高速でセキュアなデータ転送を可能にする新製品『HSFT(Huge & Secure File Transfer(*1))』の提供を開始します。
HSFTは、アマゾン ウェブ サービス (以下、AWS)のAmazon Simple Storage Service (以下、Amazon S3)およびAmazon Elastic Compute Cloud (以下、Amazon EC2)のAWS利用ユーザーに対して従来比で7倍のデータ転送速度を実現するだけでなく、圧縮転送による転送費用のコスト低減を図るクライアントソフトウェアです。
HSFTの高速化技術は、既存プロトコル(SFTP, FTP)、API(S3)上で独自のマルチストリーム並列処理をベースに、標準の圧縮および暗号化機能を採用し実現しています。ユーザーは既存システムやサーバーの再構築なしに容易にオンプレミスとクラウド環境間でセキュアかつ高速なデータ転送をおこなえます。HSFTは、今後さらに増加する動画、画像、解析、衛星、組込みデータなど、あらゆるデータ転送の負荷軽減を図れるクラウド製品として位置付けています。
シミュラティオは、シミュレーションの研究・開発で培った基礎研究と最新のシミュレーション技術を活用し、AWSユーザーへの選択肢を広げる幅広いサービスを提供します。
【HSFTの主な特徴】
・高速大容量のファイル転送
-マルチストリーム並列処理/圧縮転送でAWS CLI従来比7倍、SFTP/FTPでは9倍の高速化
・セキュアなデータハンドリング
-AES256bit標準プロトコルの暗号化転送ならびにファイルの暗号化処理によるデータの多重保護
・確実なデータ保証
-TCPポリシー、チャンク、ファイル単位でのデータリトライ転送機能
・マルチプロトコル パイプライン処理
-HSFTをゲートウェイにした異なるプロトコル間(SFTP, FTP, Amazon S3)でのファイル転送、
メモリ上でのパイプライン処理
・対応OS: Windows, Linux, Mac, AIX, Solaris
・評価結果:
        1) AWS CL1(1) vs HSFT-S3        2) OpenSSH-SFTP vs HSFT-SFTP
          東京(EC2)⇔北カルフォルニア(S3)    東京(EC2)⇔北バージニア(EC2)
シミュラティオの会社概要:
シミュラティオは、2005年設立 分子化学、物性など各種シミュレーション研究・開発を中心に
ソフトウェア受託、アルゴリズム開発、人工知能開発など最新のシミュレーション技術を活用、
広範囲な産業分野を支援しています。

リンク
※: Amazon.com. Inc.またはその関連会社の商標です。
*1: 【特許出願中】特願2015-030241号に基づく、米国特許出願 第14/673264号。
【問い合わせ先】
株式会社シミュラティオ
マーケティング:滝田
email: takita@simulatio.jp



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事