logo

千葉商科大学「サービス創造大賞2015」受賞者決定 -- 全国から2,286件の「サがつくひらめき」が集まる

千葉商科大学 2015年12月23日 08時05分
From Digital PR Platform


千葉商科大学(学長:島田晴雄)サービス創造学部(学部長:吉田優治)は、「サービス創造」の重要性を広く社会に認識してもらうことを目的とした「サービス創造大賞2015」について、学部公式サポーター企業(学部教育への協力協定を結んだ企業)ならびに同大審査委員会による厳正なる審査の結果、受賞作品を決定した。全国の高校生や同大学生、一般の方から集まったアイデアは2,286件(一般課題部門:1,534件、企業課題部門752件)にのぼる。


 第8回目となる同募集企画は、一般課題部門「あったらいいな、こんなサービス」に加えて、同学部公式サポーター企業の株式会社ASPE(千葉ジェッツ)、ジェフユナイテッド株式会社(ジェフユナイテッド市原・千葉)、セントラルスポーツ株式会社、株式会社千葉ロッテマリーンズ、株式会社ルネサンス(※企業名50音順)と協力し、「あったらいいな、スポーツのこんなサービス」を課題とした企業課題部門を設置。今までにない斬新な発想を取り入れた優秀な作品を募集した。

 今年度7月から受付を開始し、全国の高校生や同大学生、一般の方から集まったアイデアは2,286件(一般課題部門:1,534件、企業課題部門752件)にのぼり、一般課題部門では、体の不自由な方や夜間出掛ける子供や女性の視点に立つことで生まれた安全な道を教えてくれるサービスが、企業課題部門では、スポーツビジネス界を牽引する学部公式サポーター企業計5社の厳しい審査を経て、スポーツ観戦者、競技者、ビジネス提供者といった3つの側面から創造されたITサービスや観戦サービスがそれぞれ大賞に選ばれた。

 大賞に輝いた作品の詳細ならびに受賞アイデア一覧、審査結果の詳細は、千葉商科大学「サービス創造学部」Webページにて発表している(同大賞の受賞賞品は、Webページ上での発表を以て受賞者にお贈りしています)。

●サービス創造学部Webページ
 リンク

※2015年12月25日(金)~2016年1月6日(水)は年末年始休業のためお問い合わせは受け付けいたしておりません。ご了承いただけますようお願い申し上げます。

▼本件に関する問い合わせ先
 千葉商科大学 戦略広報センター
 TEL: 047-373-9968
 FAX: 047-373-9969
 E-mail: p-info@cuc.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事