logo

障害者福祉政策分野で選出された「一億総活躍国民会議」民間議員 松爲信雄教授による無料講演会 2月1日(月)開催

文京学院大学 2015年12月21日 14時12分
From Digital PR Platform


文京学院大学は、2016年4月の「改正障害者雇用促進法」施行にあたり、企業に課せられる合理的配慮の義務化に関する対応に向けた特別セミナーを2月1日(月)に実施します。当日は主に企業を対象として、障害者雇用の専門家で「一億総活躍国民会議」民間有識者メンバーの本学人間学部・松爲信雄教授による基調講演のほか、障害者就労を支援する東京障害者職業センター所長 井口修一氏による講演を開催予定です。


【実施概要】
日時:2月1日(月) 14時00分~16時00分
場所:文京学院大学 本郷キャンパス 仁愛ホール (東京都文京区向丘1-19-1/東京メトロ南北線「東大前」駅2番出口すぐ)
内容:

■第一部 基調講演(60分)
 登壇者 文京学院大学人間学部 松爲信雄教授
 講演タイトル「改正障害者雇用促進法への対応」 ~雇用差別の禁止と合理的配慮~

■第二部 講演(60分)
 登壇者 独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構 東京支部 東京障害者職業センター所長 井口修一氏
 講演タイトル「知っておきたい障害者雇用の制度と現状」

定員:400名(定員になり次第締め切り)
申込方法:本学HP(リンク)もしくは電話・FAX ※FAX申込は、所属先、参加人数、代表者名(ふりがな)、住所、電話、FAX番号を記載。
掲載用番号:電話 03-5684-4713 FAX 03-5684-4418(文京学院大学 松爲信雄講演会事務局)
主催/後援:文京学院大学/公益社団法人本郷法人会


【登壇者略歴】
■松爲 信雄(まつい のぶお)文京学院大学人間学部 教授

雇用促進事業団職業研究所(現独立行政法人労働政策研究・研修機構)研究員、障害者職業総合センター主任研究員の後、東京福祉大学、神奈川県立保健福祉大学を経て、現在、文京学院大学教授。障害者の職業リハビリテーションに長年携わる。厚生労働省労働政策審議会障害者雇用分科会委員、文部科学省特別支援教育総合研究所運営理事外部評価委員長、日本職業リハビリテーション学会顧問、一億総活躍国民会議民間議員。著書に『発達障害の子どもと生きる』『職業リハビリテーション学』『就業支援ハンドブック』など多数。


■井口 修一(いぐち しゅういち) 独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構東京支部 東京障害者職業センター 所長

1980年に雇用促進事業団(現独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構)に入社。大阪、徳島などの地域障害者職業センターで障害者職業カウンセラーとして勤務し、その後福岡、千葉の地域障害者職業センターで所長として勤務。機構本部(障害者職業総合センター)勤務を経て、2015年4月から現職。厚生労働省「地域の就労支援の在り方に関する研究会(第2次)」委員(2013年)を務める。


< 文京学院大学について >
1924年、創立者島田依史子が島田裁縫伝習所を文京区に開設。教育理念「自立と共生」を根源とする先進的な教育環境を整備し、現在は、東京都文京区、埼玉県ふじみ野市にキャンパスを置いています。外国語学部、経営学部、人間学部、保健医療技術学部、大学院に約5,000人の学生が在籍する総合大学です。学問に加え、留学や資格取得、インターンシップなど学生の社会人基礎力を高める多彩な教育を地域と連携しながら実践しています。


本件に関する報道関係者様のお問い合わせ先
文京学院大学(学校法人文京学園 法人事務局総合企画室) 三橋、谷川 電話番号:03-5684-4713

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。