logo

「ロジザード東京物流セミナー2016冬」開催のお知らせ

~180分でわかる通販物流運用のすべて~

クラウド型倉庫管理・在庫管理システム(WMS)「ロジザードZERO」及び店舗管理・在庫管理システム「POSぴた」を展開するロジザード株式会社(東京都中央区、代表者: 金澤 茂則、以下「ロジザード」)は、2016年2月18日に、大好評の定期セミナー「ロジザード東京物流セミナー」を開催することになりましたのでお知らせします。



今回は、「ロジザード東京物流セミナー 2016冬~180分でわかる通販物流運用のすべて~」と題して、通販物流運用における「実績のあるシステムを使った運用改善」「営業・マーケティング面からの改善」「現場で起きうる様々なトラブルの改善」について経験豊富な講師陣がわかりやすく解説します。

【セミナー概要】
[開催日] 2016年2月18日木曜日
[時間] 14:00-17:00 (開場13:30、途中入退室可) 終了後、希望者による懇親会を開催
[会場] 東京都新宿区百人町27-6 関東IT健保会館
[定員] 限定40名(応募者多数の場合抽選により決定)
[受講料] 5,400円 (2016年1月31 日までにお申し込みの場合は無料)
[申込] リンク からお申し込みください

[画像1: リンク ]


【プログラム]
第1部 14:00-14:30 亀田 尚克 (ロジザード株式会社営業部部長)
「クラウド倉庫管理・在庫管理システム(WMS)の決定版 ロジザードZERO」
もうご存知ですよね? 通販物流の運用に欠かせない存在となった「ロジザードZERO」。クラウド倉庫管理・在庫管理システムの決定版です。まだご存知ではない方向けに、特徴をかいつまんで説明します。
※「ロジザードZERO」を既にご存知の方は第2部からお越しください

第2部 14:40-15:30 伊藤 良 (株式会社トークロア 代表取締役社長)
「本気で変わりたい物流会社さんのための、マーケティングと提案営業の仕組み作り」
「お客様からの引き合いが少ない」、「契約してくれるお客様は小規模な方ばかり」、「契約して1年たたずに契約解除」などなど物流営業の悩みは多いもの。「属人化しない」、「顧客に信頼される」、「大規模案件を獲得できる」をキーワードに、マーケティングと提案営業の仕組み作りにおけるヒントをお伝えします。

第3部 15:40-16:40 栗田 由菜 (合同会社インフィニティーオクターバー フルフィルメントアーキテクト)
「倉庫現場では何故トラブルがなくならないのか?」
倉庫現場でおきるいろいろな「あるある」を元に、「何故毎日のように大なり小なりのトラブルが起こってしまうのか」そして「それを乗り越えるために現場とどのように向き合って改善していけばいいのか」ということについてお話をします。

第4部 16:40-17:00
質疑応答

[懇親会] 17:00-19:00
セミナー終了後、会場併設の中華レストランに移動して会費制による懇親会を行います。
懇親会のみ参加の方も大歓迎です。また、懇親会の協賛企業を併せて募集します。

【講師プロフィール】(登壇順に記載)
亀田尚克(かめだ なおよし) ロジザード株式会社 営業部部長
繊維商社、大手システム会社勤務を経た後、在庫管理分野のASPという事業スタイルに魅力を感じ2006年ロジザード入社。通販物流を中心として物流現場への訪問数はゆうに2,000に達する。徹底した現場主義によりサービス会社としてのロジザードのスタイルを確立する。在庫管理システムをもっと世の中に普及させたいという情熱のもと思索と行動の日々を送る。

伊藤 良(いとう りょう) 株式会社トークロア 代表取締役社長
大手企業でのEC運営責任者、海外EC大手のプロジェクト参画、マーケティング担当などを経て、EC物流アウトソーシング企業の立ち上げメンバー・営業部長として年商を10倍以上に引き上げるなど、営業組織の礎を築く。退職後は株式会社トークロアを設立、人的リソースが不足し多くの課題を抱える中小企業様に対して営業・マーケティング戦略構築、人材育成など「考えること」を専門分野に、多様なソリューションを展開しクライアントからの絶大な信頼を勝ち取っている。

栗田 由菜(くりた ゆうな) 合同会社インフィニティーオクターバー フルフィルメント・アーキテクト
コンビニ受渡サービスのシステム構築及びオペレーション運用を行った後、ヴィレッジヴァンガードオンライン、宅麺.com、Oh My Glassesといった有名ECの倉庫の立ち上げや運用・移転サポートなどに携わる。ロジザードの自動連携サービスの開発などを行い、現在では現場とシステムの両方のノウハウを生かし、倉庫会社や自社倉庫の現場及びシステム改善を行っている現場に潜む本質的な問題を見抜き、倉庫と荷主さんにとっての最適な改善方法を導き出すことに定評がある。
[画像2: リンク ]


【ロジザードZEROとは】
2012年9月に販売を開始したロジザード自社開発のクラウド型倉庫管理システム(WMS)です。
高いコストパフォーマンス、さまざまな荷主に対応しうる柔軟性、導入までのスピード感、365日電話対応のサポート体制、そしてなにより「システム会社」としてではなく顧客に寄り添って1社1社丁寧に導入支援を行う「サービス会社」としての姿勢が評価され、既存ユーザ及び業界周辺企業による紹介・口コミを中心に実績を伸ばしてきました。稼働中の現場数は770、ロジザードの倉庫管理システムを介した出荷件数は年間37,094,136件(2015年9月時点)とWMS業界において圧倒的な実績を誇っています。
中でも、物流のプロである物流会社の担当者の方に高い評価を得ています。アパレルや雑貨、部品などの細かな管理を得意としており、現在市場が拡大しているBtoC向け物流業務においても数多くの実績があります。先日11月10日に英語対応を開始し、日英中3言語対応となりました。今後も引き続き多言語化を進めてまいります。
リンク
[画像3: リンク ]



【ロジザード会社概要】
名称: ロジザード株式会社 (Logizard Co., Ltd.)
事業内容: ASP(アプリケーションサービスプロバイダ)事業、情報システムの開発及び販売ほか
設立: 2001年7月16日
所在地: 東京都中央区日本橋人形町三丁目3番6号
代表取締役社長: 金澤 茂則
売上高: 853百万円 (2015年6月期)
リンク

【本件に関するお問い合わせ窓口】
ロジザード株式会社営業部
担当: 阿部 (03-4590-8101)

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。