logo

スマートデバイスをスムーズに導入し業務効率化を実現!ビジネス力を強化するスマートデバイス向けアプリケーション開発フレームワーク「IssT(イスト)」

株式会社インフォセンス 2015年12月17日 13時54分
From PR TIMES

「IoT、インダストリー4.0でヒトとモノが繋がる!最新テクノロジー活用による物流・製造現場改善事例セミナー」開催

ロジスティクス&ITソリューションカンパニーである、株式会社インフォセンス(本社:福岡市博多区、代表取締役社長:久保 満)が展開するスマートデバイス向けアプリケーション開発フレームワーク「IssT(イスト)」 は、2015年秋からサービス展開をはじめ、導入企業様よりご好評をいただいております。そこでこの度、2016年1月29日(金)に、「IssT(イスト)」のセミナーを開催致します。
【2016年1月29日(金)13:30 @東京・恵比寿 (株)シーイーシー 恵比寿セミナールーム】



近年スマートデバイスを業務現場に活用する企業が増加してきています。生産性の向上、業務の効率化、人材教育など、導入の目的や利用シーンは様々です。しかし、各業務の特徴をとらえた上でのゼロからのアプリケーション開発は、時間もかかり導入コストも高いという問題があり、フルパッケージで展開している開発ソリューションには汎用性がなく多岐に渡る業務にマッチすることが難しいという問題があります。

「IssT (イスト)」( URL: リンク)は、業務の内容や目的に合わせたオリジナルのアプリケーションの構築ができ、業種・業態を問わず、どのような業務でも親和性の高いアプリケーションを「低コスト」「短納期」「低リスク」で導入することができます。

今回のセミナーでは、お客様での業務におけるスマートデバイス活用のヒントとなるような内容となっております。スマートデバイスを業務で活用するにあたっての課題とその解決案、スマートデバイスの具体的な活用シーンや「IssT(イスト)」の導入実績をデモンストレーションを交えてご紹介致します。スマートデバイス活用を御検討中のお客様は当該セミナーに是非ご参加ください。
お申し込みは弊社ホームページ(URL: リンク )よりお願い 致します。

■インフォセンスによる「IssT(イスト)」導入事例
<専用アプリと基幹システムを連携することで、省力化と効率化を実現>
外食チェーンを展開する重光産業(株)様へ(株)電盛社様と共同で「IssT(イスト)」を活用 した発注依頼システムを導入しました。これにより、本社と店舗での省力化と効率化を 実現しました。
[画像1: リンク ]

重光産業株式会社(URL: リンク
「味千ラーメン」を展開する外食チェーン店。熊本に本社を置き、国内87店舗、 海外681店舗へ味千拉麺を展開。 食を通じて社会に貢献することを企業理念とし、 チェーン店とともに成長をし続ける企業を目指しています。
「IssT(イスト)」導入の経緯・背景
本社と店舗のやりとりには、電話やFAXが主な手段でした。しかし、 本社ではオペレーターが対応できる時間帯には制限があり、本社にも店舗にも大きな負担となっていました。その様な状況の中、重光産業(株)様とお取引のある(株)電盛社様を 通じて案件の御相談を頂き、導入に向けた提案活動を実施しました。
[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]

効果
店舗では、場所や時間の制約が解消され、 本社では、オペレーターの入力作業の軽減と人的ミスの削減ができました。

会社名:株式会社インフォセンス
福岡本社:〒812-0039 福岡市博多区冷泉町2-1 博多祇園M-SQUARE
TEL:092-283-3901 FAX:092-283-3904
東京本社:〒104-0054 東京都中央区勝どき6-5-23 山九ビル TEL:03-3536-3439 FAX:03-3536-3486
URL: リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。