logo

SANS Institute、GIACがサイバーセキュリティー技能開発でNASSCOM、DSCIと提携

SANS Institute 2015年12月17日 10時18分
From 共同通信PRワイヤー

SANS Institute、GIACがサイバーセキュリティー技能開発でNASSCOM、DSCIと提携

AsiaNet 62863 (1631)

【ニューデリー2015年12月16日PR Newswire=共同通信JBN】
*NASSCOM、DSCIが目指すサイバーセキュリティーにおけるインドの指導的立場確立の目標をサポート

*効果的なプログラムを展開する上で、全世界で必要とされる8つのベストプラクティスを提供

サイバーセキュリティー・トレーニングで世界をリードするSANS Institute(リンク )とその系列機関Global Information Assurance Certification(GIAC)は、National Association of Software and Services Companies(NASSCOM)とData Security Council of India(DSCI)と提携し、世界のサイバーセキュリティーにおけるインドの指導的な地位を推進すると発表した。

両組織の提携意思を含む覚書(MOU)は12月16日、NASSCOMのSSC担当取締役であるサンドヤ・チンタラ博士、DSCIのナンドクマール・サラバデ最高経営責任者(CEO)、SANS・GIACのスコット・キャシティ上級ディレクターが調印した。SANS、NASSCOM - SSC、DSCIの提携の目標は、インドにおいてサイバーセキュリティー技能開発のために8つのベストプラクティスを推進することにある。

組織および国が全国的にサイバーセキュリティー能力を開発することをサポートするSANSの取り組みを通じて、サイバーセキュリティーでインドを世界的なリーダーとして成長させるために用いなければならない主要な取り組みとして以下の8件のベストプラクティスが明らかになった。

1.実績のある深い技能と優れた指導技術を備えたインストラクターによるトレーニング
2.技術的に最新のトレーニング内容であり、常に最新な状態を保つことができる、信頼性があり実績のある手順を備える
3.研修者がその教材を効果的に学ぶことを可能にする柔軟で実績のあるコンテンツ提供とツール
4.技能開発のための最高の研修志願者を選別する
5.研修者が必要とされる技術(単に受験技術ではなく)を実践習得することを実地指導する
6.同プログラムを自主的に継続できる才能ある中核的な人材を確立する
7.成功を継続できる(一時的ではなく)才能ある人々のパイプラインを育成する
8.全国的な「セキュリティー文化」を育成することによって長期の実行可能性を確保する

SANS・GIACのスコット・キャシティ上級ディレクターは「NASSCOMと提携して、総合的なセキュリティー・トレーニングと認定プログラムを開発し、インドにおけるトレーニングを受けた熟練の技術プロフェッショナルの必要性の高まりに応えることができうれしく思う。SANSとGIACは、ますます接続性を深める世界で急増する情報セキュリティー脅威を阻止するために必要な実践的なサイバーセキュリティー技能を最も重視している。SANSとNASSCOMの提携はセキュリティーに対するインドの心構えを強化することにつながる」と語った。

DSCIのナンドクマール・サラバンデCEOは「セキュリティープロフェッショナルの役割は、組織にとって重要性を増している。これらプロフェッショナルは最新の技能を備えることが大切であり、その技能は常に切磋琢磨される必要がある。われわれはサイバーセキュリティー技能開発の課題でNASSCOM、SANSと提携できることをうれしく思う。この提携によって、インドはこの分野における技能ギャップを埋め、能力を拡大することができる」と語った。

▽SANS Instituteについて
SANS Instituteは1989年に共同研究機関および教育組織として設立された。SANSは厚い信頼を受け、世界中の政府および商業機関のプロフェッショナルにサイバーセキュリティー・トレーニングおよび認定を提供する最大のプロバイダーである。定評あるSANSのインストラクターは200以上の実地のサイバーセキュリティー・トレーニング(リンク )イベントおよびオンラインで、50以上のさまざまなコースを指導する(リンク )。SANS Instituteの系列機関GAICは情報セキュリティーで30の実践的技術認定を通じて従業員資格を認証する。地域公認の独立関連機関SANS Technology Instituteはサイバーセキュリティーの修士号を付与する。SANSには多数のセキュリティープロフェッショナルがおり、企業から大学までさまざまな世界的組織を代表し、共同して情報セキュリティー・コミュニティー全体を支援するために取り組んでいる。

インドおよびアジア太平洋地域におけるSANSの主要なサイバーセキュリティー・トレーニングに関する詳細はウェブサイトwww.sans.org/u/b37を参照。

ソース:SANS Institute

▽問い合わせ先
Julie Akstin-Dearing
JABB Communications for SANS
dearing@jabbcomm.com
Phone: +1-713-201-9000

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事