logo

聖学院大学が2016年1月6日に特別講演会「ゴスペルの世界」を開催 -- 講師にゴスペルシンガーのラニー・ラッカー氏を招請

聖学院大学 2015年12月15日 08時05分
From Digital PR Platform


聖学院大学(埼玉県上尾市/学長:清水正之)人文学部欧米文化学科は、2015年1月6日(水)に、ゴスペルシンガーのラニー・ラッカー氏による特別講演会「ゴスペルの世界」を開催。ゴスペルの歴史や背景となる文化、特徴を講演してもらうとともに、後半の部では学生や参加者と一緒にゴスペルを歌う予定。入場無料、事前申込不要。一般の人の聴講も可能。


◆聖学院大学 人文学部欧米文化学科 特別講演会「ゴスペルの世界」
【日 時】 2016年1月6日(水) 10:40~12:10(開場10:30)
【入場料】 無料(事前申し込み不要)
【会 場】
 聖学院大学チャペル(埼玉県上尾市戸崎1番1号)
 ※最寄駅のJR宮原駅、西大宮駅よりスクールバスが利用可能
【講 師】 ラニー・ラッカー(Ronnie Rucker)氏

■ラニー・ラッカー(Ronnie Rucker)氏プロフィール
 ゴスペルシンガー、クワイヤ・ディレクター
 ニューヨーク州オーベニー市生まれ。幼い頃から教会の賛美の中に育ち、教会のクワイヤに参加。父がレコード店を経営していたこともあり、ジャズやブルーズ、ソウル、そしてポピュラーミュージックに対し関心を示すようになる。10歳の時にドラムを始め、中学校・高校時代には吹奏楽器や管楽器と幅広く演奏。 60年代後半、ソウル・バンドに加わり音楽活動を始める。
 1977年、初来日、ライブ活動を行う。1986年、第31回YAMAHA ポプコンつま恋本選会において、「フレンドシップ」が優秀曲賞受賞。1991~1993年にフジテレビ「ひらけ!ポンキッキ」の英語コーナーに作曲、そして出演。1992年、ヴォーカル教室の開始、ゴスペルミュージックワークショップを形成するためラッカー・ゴスペル・ミニストリーの主宰となる。国内初となる日本人に向けたゴスペル・ワークショップを開催した。
 各地で、ワークショップをきっかけに結成したゴスペル・クワイヤの指導を行う。また、自ら作詞・作曲を手がけたゴスペルの楽譜やピアノ奏者のための教本を出版。「スマ婚」など、多くのテレビCMやラジオ番組に出演している。

▼一般の問い合わせ先
 聖学院大学総務課
 TEL: 048-781-0925

▼取材に関する問い合わせ先
 聖学院大学 広報センター 担当:栗原、松崎
 TEL(ダイヤルイン): 048-780-1707
 FAX: 048-725-6891
 E-mail: pr@seig.ac.jp
 URL: リンク

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事