logo

Railsのテストを知ろう

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「Railsのテストを知ろう」を公開しました。

###

# はじめに
みなさんこんにちは。塩尻オープンソースラボの小澤です。

前回は、MVCアーキテクチャのビュー(View)を取り上げ、ActionViewやヘルパーについて解説しました。今回は、MVCアーキテクチャから離れ、Railsにおけるテストを見ていくことにしましょう。

# テスト
ソフトウェア開発においてテストコードを書くことは、もはや常識となりました。ただし、テストコードの作成はとかく手間のかかるものです。Railsアプリケーションにおいても例外なくテストコードを作成しますが、Railsでは初期の頃よりテスティングをサポートし、テストコードを簡単に作成できる仕組みを提供してきました。

Railsアプリケーションでのテストはいくつか方法がありますが、ここでは、Railsにデフォルトで組み込まれているテスティングライブラリである「minitest/unit」ライブラリをベースに説明していきます。

テストコードの作成は、モデルやコントローラの作成とあわせて、スケルトンが作成されることから始まります。そのテストコードやテストデータは、testディレクトリ以下に格納されます。

## フィクスチャ

test/fixturesディレクトリに格納されているのは、フィクスチャファイルと呼ばれるテストデータです。フィクスチャは1モデルに対して1ファイルが対応し、YAML形式で記述します。テストでは、test環境のデータベースからデータを直接取得することもできますが、フィクスチャファイルに定義されたオブジェクトを直接参照して使用することもできます。よりよいテストをおこなうには、よいテストデータを作成することが非常に重要です。

## モデルに対するテスト

test/modelsディレクトリに格納されているのは、モデルに対するテストクラスです。このテストクラスは、ActiveSupport::TestCaseクラスを継承しています。テストメソッドの名称は「test_」で始まります。

この続きは以下をご覧ください
リンク

関連情報
http://resocia.jp/
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事