logo

アラブ諸国のナレッジ状況を毎年測定へ、アラブ・ナレッジ・インデックス始まる

Mohammed Bin Rashid Al Maktoum Foundation (MBRF) 2015年12月10日 17時27分
From 共同通信PRワイヤー

アラブ諸国のナレッジ状況を毎年測定へ、アラブ・ナレッジ・インデックス始まる

AsiaNet 62804 (1613)

【ドバイ(アラブ首長国連邦)2015年12月9日PR Newswire=共同通信JBN】Mohammed Bin Rashid Al Maktoum Foundation(ムハンマド・ビン・ラシド・マクトム財団、MBRF)と国連開発計画(UNDP)は、アラブ諸国のナレッジの状況を測定するための組織的な仕組みであるアラブ・ナレッジ・インデックス(Arab Knowledge Index)第1版を開始した。

(Photo: リンク

MBRFのジャマル・ビン・フアイレブ事務局長は、ドバイでの2015年ナレッジサミット(Knowledge Summit 2015)の間の記者会見でこれを発表し、同インデックスは、モロッコ、ヨルダン、米国、フランス、英国のような幾つかのアラブおよびその他の国々で行われた1年間の実地調査、徹底研究、点検、一連のワークショップの後に開発されたものだ、と語った。

アラブ・ナレッジ・インデックスは、アラブ各国におけるナレッジの水準を示す最も重要な部門を対象とした6つの主要な指標から成っている。これらの指標はすなわち、大学前教育、高等教育、職業教育・訓練、研究開発・イノベーション、情報技術(IT)・通信、経済部門である。

ビン・フアイレブ氏は「アラブ・ナレッジ・インデックスは、アラブ各国の国民的、歴史的、文化的な特徴を個別に考慮しており、異なった開発レベルの幾つかの国で採用されるのに十分柔軟性がある。同インデックスはランキングを作ることを目的としたものではない。しかし、アラブ地域におけるナレッジの状況を表現する科学的なツールである。それは、経済的、社会的開発の戦略のための指針を確立する」と語った。

ビン・フアイレブ氏はまた、アラブ・ナレッジ・インデックスは今年、アラブ諸国だけを対象としているが、来年からはすべてのイスラム諸国を同インデックスに含めるための努力が進められている、と述べた。

国連のシマ・バハウス事務次長補佐兼UNDPアラブ諸国地域局長はこの機会に発言し、アラブ・ナレッジ・インデックスは同地域で持続可能な開発を確立するための実用的なツールとして役立つだろう、と述べた。

バハウス氏は「われわれは激動の時代に生きている。同地域はナレッジの分野で集中力を失いつつあり、過激思想やその他の懸念事の噴出につながっている。質的な教育は、同地域の貧困と失業を根絶するのに役立ち、同地域の開発チャンネルを確立するのに役立つ」と付け加えた。

アラブ・ナレッジ・インデックスの結果は、ナレッジサミットにおいてUNDPとの協力でMBRFにより立ち上げられた「ナレッジ・フォー・オール」(Knowledge 4 All)のポータルで入手可能である。同ポータルは、ナレッジ関係のテーマに関するさまざまなデータや出版物を求める研究者や専門家、学生、利害関係者、一般市民のためのデジタル参照ハブである。アラブ・ナレッジ・インデックスは別にして、「ナレッジ・フォー・オール」のポータルは2009年と2014年の間に公表された3つのアラブ・ナレッジ報告書とその他の研究報告書を掲載している。

2015年ナレッジサミットは、アラブ首長国連邦(UAE)のムハンマド・ビン・ラシド・マクトム副大統領兼首相(ドバイ首長)の後援の下に、MBRFが主催している。サミットはドバイのグランドハイアットホテルで12月7日から9日まで開催されている。

ソース:Mohammed Bin Rashid Al Maktoum Foundation (MBRF)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。