logo

サイバートラスト、グルージェント、デジタルアーツが企業向けクラウドの利便性向上とセキュリティ対策で連携

クラウドサービス利用のシングルサインオン、アクセス制御、情報漏洩対策が可能に

サイバートラスト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:眞柄 泰利、以下 サイバートラスト)は、株式会社グルージェント(本社:東京都港区、代表取締役CEO:鈴木 都木丸、以下 グルージェント)、情報セキュリティメーカーのデジタルアーツ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:道具 登志夫、以下 デジタルアーツ、証券コード2326)と、企業のクラウドサービス利活用における利便性向上とセキュリティ対策が実現できるソリューションを12月10日より共同展開いたします。

サイバートラスト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:眞柄 泰利、以下 サイバートラスト)は、株式会社グルージェント(本社:東京都港区、代表取締役CEO:鈴木 都木丸、以下 グルージェント)、情報セキュリティメーカーのデジタルアーツ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:道具 登志夫、以下 デジタルアーツ、証券コード2326)と、企業のクラウドサービス利活用における利便性向上とセキュリティ対策が実現できるソリューションを12月10日より共同展開いたします。

昨今、企業においてOffice 365やGoogle Apps、Salesforce.comなどの便利なパブリッククラウドサービスを利用するケースが非常に拡大しています。その一方で、各々のサービスを利用する際には、運用の煩わしさから同じユーザー名やパスワードを利用するケースも散見されています。また、このようなID/パスワードの使い回しを狙ったアカウント リスト攻撃も拡大していることから、独立行政法人情報処理推進機構の「情報セキュリティ 10大脅威 2015」の1つに 「ウェブサービスへの不正ログイン」が取り上げられ、注意喚起されております。

そこで、3社の各製品を連携することで、パブリッククラウドサービスを利用する企業に対し、利便性とセキュリティ対策の両方を実現するソリューションの提供が可能であると考え、「Gluegent Gate」によるシングルサインオンと統合ID管理による利便性の向上、「サイバートラスト デバイスID」が発行するデバイス証明書による端末認証、「i-FILTER ブラウザー&クラウド」が提供する端末にデータを残さない情報漏洩対策としてのWebフィルタリング及びセキュアブラウザーの機能を連携いたしました。

これにより、お客様は複数のID管理などの煩わしさから解放され、かつ、クライアント証明書とパスワード認証を利用した二要素認証による端末認証が実現でき、重要なデータにアクセスした際にも端末側に  一切情報を残さずに業務上不要なWebサイトへのアクセス制限が可能になります。

デジタルアーツ、グルージェント、サイバートラストの3社は、今回の製品連携によるソリューションの販売を推進するとともに、今後も協業を深め、企業におけるパブリッククラウドサービスを便利かつ安心・安全に利用できる環境を構築することに貢献をしていきます。

このプレスリリースの付帯情報

3社の協業によるソリューションの機能概要

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。