logo

ケニア女性の避妊器具へのアクセス拡大へ、Medicine360がMSIと提携

Medicines360 2015年12月08日 10時08分
From 共同通信PRワイヤー

ケニア女性の避妊器具へのアクセス拡大へ、Medicine360がMSIと提携

AsiaNet 62748(1580)

【サンフランシスコ2015年12月7日PR Newswire=共同通信JBN】世界的な非営利の製薬会社であるMedicine360は7日、ケニアの女性に新たな避妊の選択肢をもたらすため、世界的な非営利の家族計画団体のMarie Stopes International(MSI)との間で、Medicie360のホルモン付加子宮内避妊器具、LNS IUS(レボノスゲストレル放出子宮内避妊システム、52mg)の利用を拡大する協定を結んだと発表した。

Logo - リンク

Logo - リンク

ケニアは、米国以外ではMedicine360が52mgのホルモン付加子宮内避妊器具(IUD)の発売を計画している初めての国である。ホルモン付加IUDは最も効果的な避妊形態の1つで、Medicine360は同社のLNG IUDを、避妊への満たされない高いニーズのある他の国々の女性にも使えるようにすることを計画している。

Medicine360のジェシカ・グロスマン最高経営責任者(CEO)は「MSIとのこの提携はアフリカでのわが社の初めての努力を示すものであり、質の高い医薬品に対する女性の利用を拡大し、世界中の女性の生活に前向きの影響を与えるという使命の達成に役立つだろう。MSIとの協力は、ホルモン付加IUDを簡単に入手できないか販売されていない場所で、ケニアの女性が手ごろな価格で質の高いホルモン避妊法を利用できるようにするのを助けるだろう」と語っている。

Marie Stopes Internationalのヘレン・ブラックホリー氏は「避妊へのアクセスを持つと、女性は自分の将来、家族の将来について選択することができる。これまで以上に多くの女性が避妊にアクセスできるようにするため、われわれは毎日、国の計画で働いている。しかし、特にサハラ砂漠以南のアフリカでは、そのニーズは現在の努力以上に大きい。Medicine360とのこの新しい提携は、世界の最も恵まれない地域社会でより多くの女性が家族計画のニーズを満たすのを助けられるものであると、われわれは喜んでいる」と述べている。

▽Medicine360について
米カリフォルニア州サンフランシスコにあるMedicine360は革新的な非営利の世界の女性のための保健・製薬会社で、すべての女性のために、その社会経済的地位、保険の補償、地理的な場所に関わりなく、質の高い医薬品の利用を拡大することを使命としている。Medicine360は、健康管理のプロバイダー、権利擁護団体、患者と協力し、世界中の女性が必要とする医薬品により大きなアクセスを持つのに役立つ革新的で有意義な治療を提供することに尽力している。詳しい情報はwww.medicines360.org を参照。

▽Marie Stopes Internationalについて
Marie Stopes Internationalは、女性と少女に個人化された避妊と安全な妊娠中絶サービスを提供する世界的な組織である。各地の専門家チームは37カ国の地域社会で自分たちが行っている仕事に情熱を持っている。

われわれが提供する質の高いサービスは、女性が自分の計画、自分自身と家族のための夢を自由に追求できるようにするため、いつ子どもを持つかを選ぶ力を女性に与える。詳しい情報はwww.mariestopes.org を参照。

▽メディア問い合わせ先:
Caren Begun
+1-856-424-2023
Caren@greenroompr.com

ソース:Medicines360

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。