logo

G20のストーリーを世界へ発信:トルコのコミュニケーション戦略

G20議長国トルコ 2015年12月02日 17時16分
From 共同通信PRワイヤー

G20のストーリーを世界へ発信:トルコのコミュニケーション戦略

AsiaNet 62727

イスタンブールおよびアンタルヤ(トルコ)、2015年12月2日/PRNewswire/ --

2015年のG20議長国任期中にトルコは、G20のユニークなストーリーを世界へ発信すべく、総合的なコミュニケーション・プログラムを実施しました。

     (ロゴ: リンク

     (写真: リンク

     (写真: リンク

「G-20:包括的で確かな成長を共に目指して」
今年までG20は「力強く、持続的で、バランスのとれた成長」の達成を第一の目標としてきました。2015年に議長国トルコはこのリストに「包括的な成長」という項目を加えました。

このユニークな取り組みは、特に以下のかたちで具体的に示されました:女性の労働参加を高めることを主眼としたエンゲージメント・グループ、ウィメン-20(W-20: Women-20)(リンク )の結成、中小企業へ世界発信の場を提供する、イスタンブールを拠点とした世界中小企業フォーラム(World SME Forum)(リンク )の設立、若者の失業削減に向けたG20の具体目標の設定、そして低所得開発途上国(LIDCs:Low-Income Developing Countries)とのより緊密な対話の確立、などです。

コミュニケーション・プログラムの期間中トルコはこの目標を念頭に、「G-20:包括的で確かな成長を共に目指して」という標語を掲げました。

女性、若者、中小企業
このメッセージは、包括という目標の中でも女性、若者、および中小企業という具体的な3つの要素について議長国トルコが考案した各30秒間の動画(リンク )を通して配信されました。また、3要素全てをとりまとめた4つ目の動画も配信されました。

9月初旬に行われたG20財務相会議で開始されたこのコミュニケーション・プログラムの結果、動画や印刷されたビジュアル資料は、テレビ、新聞、雑誌、デジタル・プラットフォーム、屋外広告といったメディアを通して、トルコが発信するG20のメッセージを確実に世界中へ伝えました。

国際メディアによる訪問
G20のコミュニケーション・プログラムの一環としてトルコは、6月、ボドルム開催のシェルパ会議、9月、アンカラ開催の財務相・労働相会議、10月、イスタンブール開催のエネルギー相・貿易相会議、そして11月のアンタルヤ・サミット中に、諸外国のメディアを対象としたプレス・トリップを開催しました。

19ヵ国から44名のジャーナリストがプレス・トリップへ招待されました。プレス・トリップを経て、トルコのG20議長国任務について160の記事やニュースが配信されました。

公式出版物
この他、G20議長国人気中の重要なメッセージや成果を伝えるためにトルコは以下3件の出版を支援しました:

『トルコG20:2015年アンタルヤ・サミット(G20 Turkey: The Antalya Summit 2015)』(リンク )(英語)、 G20リサーチ・グループ(G20 Research Group)およびムンク・スクール・オブ・グローバル・アフェアズ(Munk School of Global Affairs)著

『トルコG20(G20 in Turkey)』(リンク )(英、仏、独、露語)、グローバル・コネクション(Global Connection)著

トルコ航空『スカイライフ・マガジン(Skylife Magazine)』に掲載された32頁の特集記事、「世界最大経済20ヵ国がアンタルヤに集結(The World's Largest 20 Economies Meet in Antalya)」(英、徳語) (リンク EK G20 29 Ekim 2015 LR.pdf )

トルコのG20議長国コミュニケーション・プログラムは、トルコ航空の後援を受けました。

情報源:G20議長国トルコ (G20 Turkish Presidency)


(日本語リリース:クライアント提供)


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事