logo

もはや他人事ではないビッグデータ活用 データ駆動社会の実像を知ればビジネスの未来が見える

株式会社角川アスキー総合研究所 2015年11月30日 14時30分
From 共同通信PRワイヤー

20151130

株式会社角川アスキー総合研究所

もはや他人事ではないビッグデータ活用
データ駆動社会の実像を知ればビジネスの未来が見える

 株式会社角川アスキー総合研究所が、書籍シリーズ「角川インターネット講座」(株式会社KADOKAWA刊)と連動したリアル講座として開催している、【角川インターネット講座「THE SALON」】。2015年の最終日は12月9日(水)に開催致します。
 【角川インターネット講座「THE SALON」(以下、THE SALON)】は、KADOKAWAより刊行される書籍シリーズ「角川インターネット講座」のリアル講座版です。2014年の第1回開催から、現在まで13回開催し、その豪華な顔ぶれから、大変好評いただいているセミナーシリーズです。
 2015年の最後を締めくくるTHE SALONは、情報通信研究機構理事長、東京大学名誉教授の坂内正夫氏に登壇いただき、今この瞬間にも蓄積され続けていく「ビッグデータ」をテーマに取り上げます。検索ワード、ネットショッピングの購買履歴、Twitterのようなソーシャルネットワーキングサービス(SNS)のメッセージ、スマホの位置情報など、膨大なデータが蓄積されビッグデータとなっています。そして、この利活用が、経済活動や社会活動に変革をもたらすと期待されています。つまりビッグデータを的確に解析し、データがドリブンするデータ駆動型社会の実像を知ることは、新しい価値を見つけ、イノベーションへと繋がっていくのです。
 セミナーでは、ビッグデータによるグローバル課題の解決やビッグデータ関連の先端的研究開発の最新動向をお伝えするほか、企業や公的機関等におけるビッグデータ処理の具体例を紹介します。ビッグデータに関する、これまでの取り組みや事例から、新しいビジネスや、既存ビジネスの発展に役立つ知見を得る機会です。
 角川インターネット講座は、日本のトップランナーが集結し監修、執筆した大変豪華なシリーズです。監修者、執筆者の話を直接聞くことができる貴重なリアル講座へたくさんの方にご参加いただければと思います。


開催概要
 名 称: 第14回 角川インターネット講座 THE SALON
      ビッグデータを開拓せよ 解析が生む新しい価値
 内 容: 講演1 坂内正夫氏 講演2 豊田正史氏(ゲスト)
      トークセッション
 日 時: 12月9日(水)19:00-21:00(会場18:30)
 会 場: 角川第三本社ビル9階(東京都千代田区富士見1-8-19)
 参加料: 8,000円(税込)
 主 催: 株式会社角川アスキー総合研究所
 申 込: Webにて受付(リンク
     

登壇者紹介
 坂内正夫氏
 
 国立研究開発法人情報通信研究機構理事長、東京大学名誉教授。1946年生まれ。1975年、東京大学大学院工学系研究科電子工学専門課程博士課程修了、工学博士。東京大学工学部電気工学科講師、東京大学生産技術研究所教授、東京大学生産技術研究所長、国立情報学研究所長などを経て現職。画像や映像のもつ意味をどのように捉えて処理するかを幅広く研究。画像認識・画像検索技術、地理情報の構造、映像からの交通事故検出システムの開発など、一貫してマルチメディア情報処理の先駆的研究に携わってきた。電子情報通信学会ならびに情報処理学会フェロー。2012年、フランス共和国レジオン・ドヌール勲章(シュバリエ)受章。2013年、情報処理学会功績賞。2015年、電子情報通信学会功績賞。
 
 
 豊田正史氏
 
 東京大学生産技術研究所准教授。1994年東工大・理・情報科学卒。1996年同大大学院情報理工学研究科修士課程了。1999年同大学院情報理工学研究科博士後期課程了。博士(理学)。同年、科学技術振興事業団計算科学技術研究員。ウェブ・実世界データ分析、情報可視化、ユーザインタフェースの研究に従事。


<プレスリリース配信元 VNR.ch>
リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事