logo

株式会社セシオス、SaaS型 認証・ID管理サービス「SeciossLink」の統合ID管理機能にRestful API機能を追加 ~Box、Concurにも対応~

株式会社セシオス(東京都新宿区、代表取締役 関口薫)は、SaaS型 認証・ID管理サービス「SeciossLink」の統合ID管理機能がRestful APIに対応したことを発表します。

「SeciossLink」には、登録されているIDやグループ情報を、Active DirectoryやOpenLDAPに同期を行う統合ID管理機能を持っていますが、この度、外部システムが持つAPIインターフェース(Restful API)に対して処理を行うことができる機能を追加しました。

この機能を利用すると、「SeciossLink」にユーザ、グループを作成する(例えばCSVファイルで一括登録など)操作をトリガーに、Restful APIを持つクラウドサービスに対して、ユーザ作成やグループ作成などの処理を自動化することができます。また、Restful APIの設定はGUI画面を用意していますので、ユーザ自身で簡単に設定を行う事ができます。

弊社ではこの機能を利用し、クラウドストレージサービス「Box」、経費管理をクラウドで提供している「Concur/コンカー」に対してユーザやグループ作成を行う操作を検証済みです。

なお、本機能はSeciossLinkを既にご利用のお客様は追加費用なしで利用することが可能です。

今後もお客様のニーズに応えられるよう、更なる機能強化を行っていきます。

<お問い合わせ先>
株式会社セシオス
〒162-0801 東京都新宿区山吹町362 みどりビル4F
URL: リンク
Email: sales@secioss.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事