logo

クラウド型検証サービス「Remote TestKit」OS設定画面の開放など新機能追加のお知らせ

NTTレゾナント株式会社 2015年11月30日 11時02分
From 共同通信PRワイヤー

2015年11月30日

NTTレゾナント株式会社

クラウド型検証サービス「Remote TestKit」 
OS設定画面の開放など新機能追加のお知らせ
リンク

 NTTレゾナント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:若井 昌宏、以下、NTTレゾナント)は、クラウド型スマートフォン検証サービス「Remote TestKit(リモートテストキット)」(以下、「Remote TestKit」)において、OS設定画面の開放や、ドラック&ドロップによる画像の貼り付け・テキスト入力といった新機能を追加します。お客様のご要望が特に多かったOS設定画面の開放により、開発者やカスタマーサポートサービス担当者のみなさまにますます使いやすい仕様となりました。


新機能概要について
・OS設定画面の開放(有償メニュー※)
 今までは検証端末のOS設定については一部の設定内容を閲覧のみができる状態でした。しかし、「OS設定が理由で問題が起きているときの検証をしたい」「問題が起きたときの状態を再現するときに、必要な設定を確認したい」といったお客様のご要望にお応えし、OS設定画面操作を開放しました。この機能によって、検証端末のOS設定をリモートで変更することができます。(一部操作できない設定項目及び端末もございます)
 なお、本機能は有償メニューとなりますので、利用料とは別に契約を締結していただく必要があります。
 詳しくは、下記よりお問い合わせください。
 問い合わせ先:リンク


・キャプチャ画像をドラック&ドロップで貼り付け可能
 検証中の端末のキャプチャ画面をドラック&ドロップにて貼り付けが可能となりました。
 「Remote TestKit」は開発者のみなさまだけでなく、お客様からのお問い合わせ窓口であるカスタマーサポートサービス担当者のみなさまにも便利にご利用いただける機能です。この機能により、例えばカスタマーサポートサービスの担当者と開発者の間で、端末状態のキャプチャ画像を使って正確に情報共有することで、迅速な対応へつなげることができます。


・テキストのドラック&ドロップで端末にテキスト入力が可能
 Remote TestKit上の試験端末にドラック&ドロップでテキストを入力することができます。間違えやすい長いURLなどを簡単に入力することができ、作業の効率化が図れます。

以上

<参考>「Remote TestKit」について
 「Remote TestKit」は、スマートフォンアプリやスマートフォン用Webサイトをクラウド上で検証することができる開発者支援サービスです。利用者は実機を購入する必要がなく、クラウド上で約350機種以上のスマートフォン・タブレット端末の動作検証をすることができます。また、複数の端末に自動でテストシナリオを実施する「自動テスト」機能など、開発者を支援するさまざまな機能があり、検証を担当する皆さまの負担を軽減いたします。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事