logo

白馬八方尾根スキー11月28日(土)よりオープン

白馬観光開発株式会社 2015年11月28日 16時10分
From Digital PR Platform


白馬観光開発株式会社(本社:長野県北安曇郡白馬村、代表取締役社長:高梨光、以下 白馬観光開発)が運営する白馬八方尾根スキー場は、2015年11月28日(土)より今シーズンの営業を開始します。今シーズンから、パウダーエリア「黒菱オフピステ-URAKURO-」を新設するなど、初級者から上級者、ファミリーなど幅広い方々にお楽しみいただけるアクティビティの充実化をはかります。

※ 11月28日(土)、29日(日)の期間、パノラマゲレンデをプレオープンいたします。11月30日(月)以降の営業状況については、順次白馬八方尾根スキー場公式ホームページ( リンク )でお知らせします。

白馬八方尾根スキー場では、今シーズンより「黒菱オフピステ-URAKURO-」というパウダーエリアが新設されます。近年のバックカントリースキー人気の高まりと、世界有数とされる白馬のパウダースノーを安全にお楽しみいただくために新設することを決めました。ゲートコントロールエリアとなっており、安全に滑走いただけます。
また、ソリ体験やスキー・スノボーの練習ができるファミリー向け施設「すのっちゃお」や、日本唯一の天然水素温泉「白馬八方温泉」など、初級者から上級者、ファミリーなど幅広い方々にお楽しみいただける、多彩なアクティビティを用意しています。

さらに今年から、「なだ万」出身で「俺の」シリーズ料理長を務めた杉浦則文氏が白馬八方尾根スキー場、白馬岩岳スノーフィールド、つがいけ高原スキー場の総料理長に就任。味はもちろん、地元食材使用にこだわった新メニューを提供し、「ゲレ食」に革命をおこしていきます。

《ご参考》
■白馬八方尾根とつがいけ高原で、パウダーエリアを新設
近年のバックカントリースキーの人気により、日本国内だけでなくオーストラリアを中心とした海外からも「白馬の上質なパウダースノーを存分に楽しみたい」というスキーヤー・スノーボーダーが増加傾向にあります。一方で、バックカントリーには雪崩事故・遭難というリスクもあり、ブームとともに事故が発生しています。
このような背景のもと「白馬のパウダースノーを楽しみたい」というお客様の要望と、「より安全に白馬のパウダースノーを楽しんでいただきたい」という観点のもと、「黒菱オフピステ-URAKURO-」(白馬八方尾根スキー場)と「TSUGAPOW DBD」(つがいけ高原スキー場)を新設することを決めました。どちらもゲートコントロールエリアとなっており、世界有数とされる白馬のパウダースノーをお楽しみいただけるエリアとなっています。

■白馬八方尾根スキー場 2015-2016 イベントカレンダー
12/31 :カウントダウン2015-16
1/9 :すのっちゃお祭り
2/17-19 :第9回八方尾根学生技術選手権大会
2/20 :第46回八方尾根火祭り
2/29-3/1 :FISコンチネンタルカップ
3/3-4 :第70回八方尾根リーゼンスラローム大会
3/8-13 :第53回全日本スキー技術選手権大会
3月下旬 :ジャパンパラリンピック
4月上旬 :八方スプリングフェスティバル2016

■白馬八方尾根スキー場 2015-16シーズン営業概要
【営業期間】:2015/11/28~2016/5/8
【リフト数】:23本(うち1基はゴンドラ)
【コース数】:14本
【最長滑走距離】:8,000m
【標高差】:1,071m
【アクセス】:
車:上信越自動車道「長野IC」から約50km/約1時間30分(東京から約285km /約5時間)
  中央自動車道「安曇野IC」から約50km/約1時間30分(東京から約285km/約4時間30分)
電車:JR長野駅からバスで約1時間10分(新幹線利用でJR東京駅から約2時間30分)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。