logo

日本エイサー Windows 10 搭載の最新2in1 大人気のAspire Switch 10 E シリーズより新色を携えて12 月11 日(金)より発売開始



日本エイサー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:詹 國良(ボブ・セン))は、Aspire Switch 10
Eシリーズより、Windows 10 を搭載した「SW3-016-F12D/WF」「SW3-016-F12D/RF」「SW3-016-
F12D/BF」「SW3-016-F12D/KF」を、12月11日(金)より発売いたします。
[画像: リンク ]

Windows 10 を搭載した、タブレットにもパソコンにもなる最新の2in1
大人気の2in1 モデルが最新OS のWindows 10 を搭載して発売を開始します。コーラルレッドとピーコックブ
ルーの2 色を新しく追加し、ポップな4 色からマイカラーを選べます。便利なOffice Mobile が付属し、Office
365 を無料で1 年間利用できるサービスも付いています。

<製品特長>
■新色のピーコックブルーとコーラルレッドが登場
モダンでスタイリッシュなムーンストーンホワイトとシャークグレイの2色に加え、新色のピーコックブルーとコーラルレッドのカラーリングをご用意しました。
天板に触り心地の良いクロス風のテクスチャーを採用し、指紋やキズのつきにくい機能性のあるデザインです。

■着脱が簡単なマグネット式新型ヒンジを採用
ドッキングをサポートするガイド機能の付いたマグネット式ヒンジにより、タブレット本体とキーボードドックをスムーズに脱着・ドッキングでき、用途に合わせて簡単にタブレットとしてもパソコンとしても使用できます。

■Office Mobileを搭載
Windows 10版のOffice Mobileを付属しており、Word、Excel、PowerPoint などのアプリをスムーズに利用することができます。Office 365を1年間無料で利用できるサービスも付いており、快適に作業ができます。

■優れたモビリティ性能
タブレット本体は片手で持てる小型・軽量のわずか630g。約12時間連続駆動するバッテリーを搭載し、遠方へのお出かけもアダプターレスで、バッテリー残量を気にせずに使用できます。また、充電は汎用性の高いMicro USB接続で簡単に行えるため、どこでも手軽に充電が可能です。

■シーンに合わせて手軽にモードチェンジ
タイピングや、映画視聴時など、生活のあらゆる場面に合わせて自由にディスプレイの向きを変えることができます。ノート、タブレット、ディスプレイ、テントモードの4つのモードで、手軽にスタイルチェンジができ、最大のパフォーマンスを発揮します。

リリースページ
リンク
SW3-016-F12D/WF製品ページ
リンク
SW3-016-F12D/RF製品ページ
リンク
SW3-016-F12D/BF 製品ページ
リンク
SW3-016-F12D/KF製品ページ
リンク

■Acerについて
1976年の設立以来、Acer はハードウェア+ソフトウェア+サービスカンパニーとして、人々の生活を豊かにする革新的な製品の研究、デザイン、マーケティングおよび販売とサポートを行っています。パソコン、ディスプレイ、プロジェクター、サーバー(国内未発表)、タブレット、スマートフォン、ウェアラブル(国内未発表)に至る幅広いレンジの製品を提供するとともに、IoT (Internet of Things) に向けたクラウドソリューションの開発も推進しています。
Acer は、グループ全体でおよそ7,000人の従業員を数え、グローバルマーケットにおけるパソコン全体売上シェアは第4位(出展:IDC 2014)、2014年度の売上は103.9億米ドルを達成しています。
詳細は、www.acer.co.jpをご覧ください。
(C) 2015 Acer Inc. All rights reserved. Acer and the Acer logo are registered trademarks of Acer Inc. Other trademarks, registered trademarks, and/or service marks, indicated or otherwise, are the property of their respective owners.

■ 日本エイサー株式会社について
社 名 : 日本エイサー株式会社
所在地 : 東京都新宿区西新宿6-24-1 西新宿三井ビルディング 18F
代表者 : 代表取締役社長 ボブ・セン
URL : リンク
公式facebook : リンク
公式Twitter :リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。