logo

「忘年会」の季節がやって来た♪♪♪”お店選び条件のトップ3は?””予算は?”みんなの「忘年会の実態」が明らかに?!

アサヒビール株式会社 2015年11月24日 15時37分
From PR TIMES

「忘年会」に関する意識調査をアサヒグループホールディングスが実施。

アサヒグループホールディングスお客様生活文化研究所は、2015年11月11日(水)~11月17日(火)にインターネットで、「忘年会」に関する意識調査を実施し、1,070人の有効回答を得ました。



その結果、以下の回答によりみんなの「忘年会の実態」が明らかに?!
Q.今年の忘年会に参加する予定ですか?(単回答 N=1,070)
⇒ 8割近くが「忘年会への参加意向がある」
[画像1: リンク ]



[今年の忘年会に参加する?] 今年の忘年会の参加意向を聞いたところ、「(忘年会に)参加予定がある」と回答した人は44.5%。さらに、「まだ決めていない」という声も35.0%を数え、全体の8割近くの人びとが「忘年会への参加意向がある」ことが明らかとなりました。


Q.今年の忘年会の参加回数は?(単回答 N=476)
⇒ 7割近くが複数参加を予定。                
[画像2: リンク ]

            
[忘年会の参加回数は?]

今年の忘年会の参加回数を聞いてみたところ、「2回」と回答した人が最も多く39.9%。さらに「3回以上」という声も28.2%を数え、忘年会参加予定を持つ人のうち、7割近くが「複数回の参加予定がある」ことが判りました。性別で「2回以上(の参加予定がある)」という声を見てみると、女性回答では62.3%。それに対し、男性回答は女性よりも9%以上も数値が高い71.9%を数えました。「メインは仕事関係の行事が中心」(男性50代、福岡県)など、男性の参加頻度の高さは、仕事関連の人付き合いなどが影響を与えているのかもしれません。

Q.あなたが幹事なら、一人当りの参加費をいくらにしますか?(複数回答 N=930)
⇒ 一人当たりの参加費は「3~5千円未満」   
[画像3: リンク ]



[一人当たりの参加費は?]

あなたが幹事なら一人当たりの参加費はどのくらいに設定するか聞いたところ、「3,000~4,000円未満」と回答した人が最も多く30.2%。次に「4,000~5,000円未満」という声も30.0%を数え、全体の6割以上の人びとが「(一人当たりの会費を)3,000~5,000円未満」の予算でお店探しを行っていることが明らかとなりました。安すぎず高すぎず、料理も飲みもまずまず納得感のあるお店探しに必要なコストと言えそうです。

Q.あなたが幹事なら、お店選びで重視するポイントはどこですか?(複数回答 N=947)
⇒ お店選びの第一条件は「個室&座敷」-周囲を気にせず、落ち着いて語り合う
お店選びのポイントは?

1位 個室・貸切できるお店     43.7%
2位 食べ放題・飲み放題がある   40.7%
3位 和食がおいしい        30.7%
4位 時間制限なく、ゆったりできる 26.8%
5位 座敷・掘りごたつがある    25.8%

お店選びで重視するポイントを聞いたところ、トップは「個室・貸切できるお店」(43.7%)でした。同じく5位に「座敷・掘りごたつがある」(25.8%)、10位に「少々騒いでも大丈夫」(20.7%)、11位に「客層が落ち着いていてガヤガヤしていない」(20.4%)が挙げられ、大人数での開催が多い忘年会だけに店の造りや雰囲気、客層等を気にする幹事さんがとても多いようです。特に「個室&座敷」は募る話をじっくりと語り合うのに、ベストなシチュエーションであることがうかがえます。
又、3位の「和食がおいしい」は、老若男女が集まる職場の忘年会には、やはり定番「和食」が人気なのですね。
忘年会の場所選びは幹事さんの”センス”が問われる”腕”の見せ所!
「さすが○○さん!」と言われる、料理もお酒も美味しいお店はアサヒビールがおススメする『うまい!樽生』の
サイトで今すぐ検索!
リンク
きっと”ここぞ!”の1軒が見つかるはず!

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。