logo

NRIとペガ、デジタルマーケティングの分野で協働を開始 ~コンサルティングからシステム導入、運用まで一貫したサポート~

リンク
(以下、ニュースリリース本文。)

株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長:嶋本正、以下「NRI」)とペガジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:渡辺 宣彦、以下「ペガ」)は、近年注目されている、高度なデジタルマーケティングの分野において協働を開始します。

まずは、日本の顧客に特化して、企業と消費者のあらゆる接点を最適化し、マーケティング改革を推進するソリューションの開発と、コンサルティングから運用までのサービスメニュー開発をおこないます。
両社は2011年から、アライアンスパートナー契約を結んで、複数のシステム導入等の共同プロジェクトを実施してきましたが、ソリューションの共同企画・共同開発は今回が初めてであり、またペガにとっては国内初の協業となります。

■日本市場向けに共同でソリューションを企画・開発
ペガのアプリケーション「Pega Marketing」は、消費者の属性、状況、好みなどを分析し、見込み顧客に対して最適な情報を最適なタイミングとチャネルで提供する機能を持ちます。

今回NRIは、ペガに対してシステムインテグレーション関連技術を提供すると共に、日本独特の商習慣や、顧客(業界)ごとに必要とされる業務知識などのノウハウを、「Pega Marketing」に追加します。

一方、ペガはNRIに対して「Pega Marketing」に関する技術提供と、グローバルトップ企業への豊富な導入実績で培ったアプリケーション利用のノウハウを提供します。
それによって、日本市場に特化した、高い品質と柔軟性を持ちながらも汎用(はんよう)的なデジタルマーケティングソリューションを両社で開発・提供していきます。

■経営からシステム運用までワンストップでサポート
今後協業を通じて開発されるサービスは、顧客企業の経営戦略をはじめとする上流工程から、具体的なソリューションの導入・運用までをトータルでサポートするものです。すなわちマーケティング戦略とそれを踏まえたシステム化計画、ソリューションの開発と提供、システム導入支援、およびPDCA*1を含む運用サービスに至るまで、ワンストップで支援するものとなります。

今後、両社はさまざまな業界向けに、精度の高いテンプレート(ひな型)を準備するとともに、プロモーションを共同でおこなうなど、日本での市場拡大に向けて活動していきます。

         図:両社で協業を進めるデジタルマーケティング分野のサービスメニュー
*1 PDCA
計画(Plan)、実行(Do)、評価(Check)、改善(Action)を繰り返しおこない、
業務などの品質を高めていく活動。
________________________________________
【ニュースリリースに関するお問い合わせ】
株式会社野村総合研究所 コーポレートコミュニケーション部 松本、十河
TEL:03-6270-8100 E-mail:kouhou@nri.co.jp 
URL:リンク
ペガジャパン株式会社 成枝
TEL:03-3221-2455 E-mail:PegaJapanMarketing@pega.com
URL:リンク
【ソリューションに関するお問い合わせ】
株式会社野村総合研究所 IT基盤イノベーション本部デジタルビジネス推進部 内山
TEL:03-6706-0374 E-mail:marketing-platform@nri.co.jp 
ペガジャパン株式会社 成枝
TEL:03-3221-2455 E-mail:PegaJapanMarketing@pega.com
________________________________________
【ご参考】
■ペガ本社のSenior Vice President :Douglas Kraのコメント
ペガの本社である米国のPegasystems Inc.(Cambridge, MA , Founder, Chairman
and CEO :Alan Trefler)は、グローバル2000社をはじめ、世界中の企業等に戦略アプリケーションの販売を行ってきました。2011年の設立以来、事業の中核となる、「Pega Marketing」の日本での展開において、NRIの目指す事業の方向性が当社と同様であると確信しました。コンサルティングとシステムインテグレーションの両分野で長年の実績があり、日本での業界知識、顧客理解と業務ノウハウに強みを持つNRIは、ペガにとって極めて重要なパートナーです。


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事