logo

次世代店舗の解析プラットフォーム「ABEJA Dashboard」株式会社ジュンにて導入

株式会社ABEJA 2015年11月24日 10時00分
From PR TIMES

~店舗経営をデータと経験に基づくマーケティングで支援~

画像解析テクノロジーやディープラーニングテクノロジーを活用したビジネスプロデュースを行う株式会社ABEJA(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO:岡田陽介、以下 ABEJA)は、株式会社ジュン(本社:東京都港区、代表取締役社長:佐々木 進、以下 ジュン)に最先端テクノロジーを活用した「ABEJA Dashboard (ABEJAダッシュボード)」を提供いたしました。



【ジュンについて】
ジュンは、レディス・メンズにおけるファッション製品全般の企画、製造、販売の他、建築及び室内内装の施工設計、ラジオ番組の企画制作及びサウンドプロデュース、屋外広告媒体事業、ゴルフ場、レストラン、ワイナリーを経営。生活を取り巻くあらゆる要素をファッションと捉え、常に新たな価値を創造し提案し続ける先進的な企業です。
【URL】 リンク
[画像1: リンク ]



【導入の背景:店舗内の可視化】
この度、実店舗でもECサイトで行うのと同じように入店から購買に至るまでの店舗内における顧客行動を可視化することを目的として、店舗内データ解析プラットフォーム「ABEJA Dashboard」を導入いたしました。

【導入により期待される効果:データに基づいたマーケティング施策により収益向上を可能に】
これまで可視化されていなかった実店舗内データが浮き彫りになることで、実店舗内においても客観的データに基づいた明確なマーケティング施策立案及び実行が可能になり、店舗の収益アップに貢献いたします。

【リアル店舗のデータ解析プラットフォームABEJA Dashboardとは】
ABEJA Dashboardは、実店舗内におけるデータの取得から解析、可視化までを一手に行うプラットフォームです。従来顧客行動分析は、データの可視化が可能なオンライン上に限定されており、実店舗での実現が難しいとされておりました。現在では、ABEJAのソリューションを導入することにより、実店舗でもオンライン同様に柔軟に顧客行動を分析し、マーケティング施策の実施が効果的にできるようになりました。顧客の動態・滞留データの解析サービス「ABEJA Behavior」や来店者の性別年齢推定サービス「ABEJA Demographic」等を用いて店舗内をデータで可視化し、データ管理・分析サービス「ABEJA DMP」でリアルタイムに解析することが可能です。
[画像2: リンク ]



[画像3: リンク ]



【ABEJAとは】
ABEJAは、最先端テクノロジーを活用した新規事業立ち上げを行う、日本発のスタートアップです。2012年の創業当初より国内有名大学教員らと共に、画像処理技術やディープラーニング技術などの研究を進め、現行のサービスで用いられる技術はすべて自社で開発してまいりました。
現在は、実店舗のデータ解析サービスを中心にサービスを展開し、すでに国内大手小売企業様をはじめとする多数の導入実績があります。安価かつ手軽に導入ができ、店舗スタッフの方も使いやすい管理画面を備えたABEJA Dashboardは、多くの企業様にご評価いただいてきました。

【ジュンとABEJAは協業を加速、共に店舗経営にイノベーションを起こす】
今回のサービス導入をきっかけに、ジュンとABEJAの協業をより一層推し進めてまいります。今後は、産学連携によるデータ解析の共同研究開発、「ABEJA Dashboard」を活用した成果創出など、様々な取り組みを予定しています。ファッション業界大手のジュンとテクノロジースタートアップのABEJAは、相互の強みを活かしながら、店舗経営にイノベーションを起こしてまいります。

【株式会社ABEJA会社概要】
会社名:株式会社 ABEJA ABEJA Inc.
代表者:代表取締役CEO  岡田 陽介
所在地:〒106-0032 東京都港区六本木5丁目 18-23 INACビル2階
事業内容:最先端技術を活用したビジネスプロデュース
URL:リンク

【本件に関する問い合わせ先】
株式会社ABEJA 担当:楠瀬 田島
電話番号:03-5544-8848 メール:pr@abeja.asia

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。