logo

「水素エコノミー」本日開始

H2 Fuel-Systems B.V. 2015年11月24日 10時39分
From 共同通信PRワイヤー

「水素エコノミー」本日開始

AsiaNet 62641

【フォールスホーテン(オランダ)2015年11月24日PRニュースワイヤー】

H2Fuelが燃焼エンジンを電力に変換して、大規模な電気エネルギーを貯蔵するために、水素を使用することを可能にしました。

  (写真:リンク

H2Fuelの革命的な発明により、水素は安全で清潔かつ経済的に実行可能な化石燃料の代わりとなり、大規模な電気エネルギー貯蔵を可能にします

H2Fuelは液体(キャリア)の通常の大気環境下で、水素を貯蔵することのできる技術です。キャリアからの水素の放出時に、水素貯蔵量はほぼ100%となり、非常に高い収益をもたらします。キャリアはリサイクル・プロセスを通じて再利用することができます。

H2Fuelの発明までは、水素を貯蔵・輸送することが困難であり、高圧下または極端な冷却によってしか行われませんでした。低収益性、爆発の危険性および経済的に許容可能な流通ネットワークの欠如は、一般的に水素を有効に利用することができなかったことを意味しています。

H2Fuelはソリューションです。H2Fuelは非常に高いエネルギー密度を有しており、液体中で安全であり、液体化石燃料の既存の配布ネットワークで直接実装可能です。

水素は、地球温暖化、気候変動と大気汚染の主な原因となっているCO2(二酸化炭素)、NO(一酸化窒素)NO2(二酸化窒素)を放出する化石燃料とは異なり、有害物質を排出しません。

石油・ガスとは異なり、水素は制限なしに使用可能であり、世界で製造されます。電力(燃料電池による)または熱(触媒による)は、水素から生成することができます。これらの利点から、水素は理想的な化石燃料を代替するものです。

H2Fuelはネットワークなしで大規模な電気エネルギーの貯蔵および電気エネルギーの輸送をすることができます。例えば、再生可能エネルギーは現在、最高の利益性を有するロケーションで生成することができ、その後、世界に輸送されます。

H2Fuelは水素を用いて、自動車、船舶、航空機で使用される燃焼エンジンを、有害排出物を生成しない電気燃料に変換することができます。また、熱は有害物質の排出せずに、産業・家庭用スケールで生成することができます。

H2Fuelは有益な生態学・商業的結果をもたらす水素エコノミーへのブリッジを構築しています。その一つは、CO2排出量による地球温暖化を防ぐことです。H2Fuelによる、水素エコノミーは本日開始されます。

主要なオランダの研究機関であるTNOは大気環境下で、水素化ホウ素ナトリウムを水素ガスに変換する、H2Fuelの有効性の原理を証明するために、実験を行ってきました。本研究では、ウェブサイト上で公開されているH2Fuel製剤は、実験室規模で効果があることがわかりました。

産業・商業レベルでのさらなる開発、最適化およびアップスケーリングは、将来の投資家との協力で実施されます。

追加情報はリンク を参照してください。


H2 Fuel-Systems B.V.
リンク

ソース: H2 Fuel-Systems B.V.


(日本語リリース:クライアント提供)


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事