logo

VMware App Volumes — Citrix XenApp 環境にこれまでなかった機能を

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「VMware App Volumes — Citrix XenApp 環境にこれまでなかった機能を」を公開しました。

###

このコラムでは、翻訳会社のM&Lが執筆し、吉政創成株式会社の吉政忠志が執筆協力して、海外のVMwareの記事を意訳して紹介するコラムです。

今回はCitrix XenApp 公開アプリケーションをVMware App Volumesで管理するお話です。大企業や早期に仮想環境に移行した企業ではありがちな混在環境ではないでしょうか。興味がある方はご参考ください。

コラムの原文は以下です。

リンク

上記の意訳文章は以下です。興味がある方はご覧ください。

###

VMware App Volumes は、リアルタイムのアプリケーション配布とライフ サイクル管理機能を提供するテクノロジですが、Citrix XenApp 公開アプリケーションの管理を最適化できる機能があることもご存知でしょうか。

企業が求めているのは、効果的で、効率性と拡張性に優れた方法で XenApp アプリケーションを処理できる簡潔なソリューションです。AppStack と呼ばれるアプリケーション コンテナを使用してアプリケーションを管理および配信する App Volumes は、XenApp 環境にとって大きなインパクトがあります。アプリケーションの AppStack とオペレーティング システム間のインターフェイスとしてエージェントを使用することで、アプリケーション コンテナはオペレーティング システムとは切り離されて維持されます。これにより、1 対多の配信スキームで、アプリケーションが 1 つでも複数でも、多数の XenApp サーバで共有できるようになります。

この続きは以下をご覧ください
リンク

関連情報
http://resocia.jp/
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事