logo

ZFSの特徴

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「ZFSの特徴」を公開しました。

###

秋本番♪ 皆様いかがお過ごしでしょうか?

このコラムでは、皆様がよく使われているファイルシステムと ZFS の違いをケーススタディをもとにご紹介していきます。

今までのファイルシステムとは一味違う ZFS を活用して面倒なファイル管理の苦労を減らしましょう!

——————————————————————-

Z株式会社は関西に本拠を置く社員三百人のシステムインテグレータです。その情報システム部で社内システムの管理を担当しているAさんの日常を見てみましょう。

自分が暇であることが社員の幸せ、ひいては会社のためでもあるという考えのもと、今日もトランプゲームの連勝記録に挑戦しているシステム管理者のAさん。あと少しでキングが微笑んでくれるというところで目の前の電話が鳴り響きました。

「ファイルが壊れたんです」

電話の主は総務のBさんでした。話を聞いてみると二時間がかりで作った大切な資料を古い版で上書きしてしまったようです。泣きそうな声で訴えるBさんをなだめながら、Aさんは受話器を置きます。

Z株式会社ではこういう時のために、N社製のストレージシステムを導入したばかりでした。このシステムはスナップショット機能を持っているので、Bさんが壊してしまったファイルも復元できるはずです。

確認したところ一時間前のスナップショットが最新のようです。Aさんはファイルを一時間前の状態に戻してBさんに渡しました。

「ありがとうございました」

完全に復元することはできませんでしたがBさんは喜んでくれました。最初から作成することを考えるとずいぶんと楽ですしね。でも、本当はもっとスナップショットのスケジュール回数を増やして、Bさんのファイルが完全に復元できるようにしたい。Aさんはストレージ装置のマニュアルを手に取ります。何度読んでも、最大スナップショット回数二百回という数字は変わりませんでした。十日間のスナップショットを保持するためには一時間に一度以上のスケジュールは組めないのです。

この続きは以下をご覧ください
リンク

関連情報
http://resocia.jp/
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事