logo

ブルーコート、クラウドセキュリティの革新的な企業Elastica社を買収 業界初の完全なクラウドセキュリティソリューションを提供


エンタープライズセキュリティのマーケットリーダーである米ブルーコートシステムズ(本社:米国カリフォルニア州サニーベール、以下ブルーコート)は本日、Elastica社を買収したことを発表しました。

今日、企業はセキュリティに対する従来のアプローチではクラウドの時代に対応できないことを実感しつつあります。クラウドアプリケーションの急速な普及によって、企業はかつてないセキュリティリスクに直面することになりました。CIOが管理するアプリケーションではなく、クラウド上のアプリケーションを通じて仕事をするビジネスユーザーの数は増えており、このようなクラウドアプリケーションとオンプレミス(自社運用型)アプリケーションが混在する環境は、企業がセキュリティ環境を包括的に管理できない要因になっています。今回Elastica社を買収したことで、ブルーコートはクラウドアプリケーション環境、オンプレミス(自社運用型)アプリケーション環境、これらを合わせたハイブリッドアプリケーション環境を問わず、高可視性、管理性、データレベルのセキュリティを実現するグローバルセキュリティプラットフォームを提供し、企業の課題を解消します。ブルーコートは、インフラ環境に依存しないセキュリティ対策を提供できる、唯一のセキュリティベンダーとなります。

ブルーコートは、ここ数年、主要事業の成長や買収による組織的な拡大に5億ドル以上の投資を行い、将来的にクラウドセキュリティに必要な定義を積極的に提唱しています。これは、クラウド時代に向けて企業がネットワークモデルとセキュリティモデルを見直している中、これらの動きを支援することを目的としています。オンプレミスとオフプレミスの脅威に対して、業界をリードする優れた保護ソリューションを提供するブルーコートと、クラウドデータ保護におけるElastica社のCloud Access Security and Analyticsが1つになることで、ブルーコートは、クラウド時代のセキュリティ要件を満たす業界初のソリューションを提供する唯一のベンダーになります。

Elastica社の「CloudSOC(TM)」は、機械学習による脅威のスコアリングやユーザー/エンドポイントの挙動モデリング、自然言語ベースのクラウドDLP、クラウドアプリケーションSOCにおける改善解析など他にはない優れた機能を持っています。さらに、企業が許可したクラウドと企業が承認していない「シャドーIT」アプリケーションに対する完全なリスク分析とポリシー管理機能も提供し、クラウドの安全な利用環境を確保します。Elastica社はこれらの機能を同社のCASBゲートウェイとAPIコントロールを通じて提供し、クラウドアプリケーションのセキュリティ管理と実行を実現します。これらの機能とブルーコートの15,000を超える顧客ベースおよび幅広いクラウド/オンプレミスWebセキュリティソリューションが組み合わさることで、クラウドの時代に向けた業界で最も包括的なソリューションの提供が可能になります。

ブルーコートのCEO(最高経営責任者)、グレッグ・クラーク(Greg Clark)は次のように述べています。「今回の買収によって、ブルーコートのお客様はElastica社のCloudSOCにアクセスし、急速に複雑化しているエンタープライズセキュリティ環境の課題に応える、かつてないレベルの洗練された革新的な機能を利用できるようになります。当社は数多くのCASBベンダーを評価しましたが、Elastica社のテクノロジーがCASB分野の未来を担うテクノロジーであることは明らかでした。セグメント化したCASBベンダー各社は既存のオンプレミスのインフラに依存することで生き残ってきましたが、業界全体がWebセキュリティプラットフォームへと移行していく中で、ブルーコートがCASB機能の幅を広げるとともに、クラウド保護ソリューションと統合してお客様に提供する最初のベンダーとなることは、ごく自然な流れであると言えるでしょう。」

先頃大手ITマガジン「SC Magazine」誌の製品レビューにおいて、クラウド環境のセキュリティスタックを再定義するElastica CloudSOCプラットフォームの優れた能力が評価され、推奨ソリューションとして紹介されました。Elastica社のソリューションは、大規模企業とその従業員が一般的に使っているクラウドアプリケーションに可視性、脅威の検知と予防、データガバナンス、ポストインシデント分析機能を提供し、他社製品との比較において際立つ存在となっています。製品を評価し、このレビュー記事を書いたSC Labs社のディレクター、ピーター・スティーヴンソン(Peter Stephenson)氏は、次のように述べています。「Elastica CloudSOCは、非の打ち所がない、稀有な製品の1つです。この製品は、クラウドアプリ向けのセキュリティ管理のためにデザインされたSOCのプロビジョンと運用に必要なあらゆる機能を管理者に提供します。」

ブルーコートの社長兼COO(最高執行責任者)、マイク・フェイ(Mike Fey)は次のように述べています。「当社のお客様は、数多くのソリューションが入り交じる環境にクラウドアプリケーションのパフォーマンスとセキュリティが分散され、脅威に対応することも、またユーザーが求めるサービス品質保証(SLA)も提供できないような環境は求めていません。今日、企業のIT環境は内と外との境界が消えつつあり、従来のインフラ中心型のユーザー保護環境では、クラウドの時代をサポートすることができません。ブルーコートでは、クラウド向けに構築した完全なソリューションをクラウドから提供することで、このような企業の課題を解消することをミッションとして取り組んでいます。」

Elastica社の創立者でCEO(最高経営責任者)のレーハン・ジャリル(Rehan Jalil)氏は次のように述べています。「クラウドの急速な普及を踏まえ、データサイエンスを基盤にした当社の総体的なクラウドアクセスセキュリティへのアプローチは、ブルーコート社が全世界に展開しているセキュリティプラットフォームの能力をさらに高め、お客様は、高い信頼性とセキュアな環境で、クラウドアプリケーションが提供する優れたスピードと俊敏性を存分に活用できるようになるでしょう。ブルーコート社との統合で、同社の顧客を含む幅広い層のお客様に、Elastica CloudSOCプラットフォームを提供できることを大変嬉しく思います。クラウドアプリケーションとサービスの向上に対するブルーコート社の姿勢と、クラウドアプリケーション上の重要なデータへの可視性と保護環境を提供する当社のミッションは、軌を一にするものです。このような2社が1つになることで、業界で最も強力なエンタープライズクラウドセキュリティ機能を提供します。」

Elastica CloudSOCは、現時点ですでに強力なクラウド機能を提供しているブルーコートのセキュリティプラットフォームを、さらに強化します。ブルーコートのセキュリティプラットフォームは、クラウド/オンプレミス両方の管理環境で同等の優れた機能を提供する5つのソリューションを通じて、進化するネットワーク、セキュリティ、クラウドの要件に応えます。

• 高度なWebおよびクラウドセキュリティ
• 暗号化トラフィック管理
• 高度な脅威防御
• インシデント対応とネットワークフォレンジック
• ネットワークパフォーマンス最適化

本リリースは、米国Blue Coat Systems, Inc.が米国時間2015年11月9日に配信したリリースの抄訳です。当資料の正式言語は英語であり、その内容および解釈については英語が優先されます。米国で発表されたリリース(英文)につきましては、該当のプレスリース【リンク】をご参照ください。

*1 複数のクラウドベースサービスで、統一したポリシーを適用し、クラウドサービスとユーザーの間にアクセスポイントを提供してセキュリティポリシーを強化する技術。

ブルーコートシステムズについて
ブルーコートは、セキュリティを確保することにより、あらゆるアプリケーションや、サービス、デバイスを安全に活用して、生産性を向上することを可能にし、お客様の創造性、コミュニケーション、コラボレーション、イノベーション、実行力、競争力を強化して、ビジネスを活性化するためのソリューションを提供します。
詳細は リンク をご覧ください。

Blue CoatおよびBlue Coatロゴ、およびブルーコート製品に関連する名称とマークは、Blue Coat Systems Inc.の米国およびその他の国における商標または登録商標です。その他の社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。