logo

DSMが3Dプリント業界にSomos Elementを投入

DSM 2015年11月17日 17時07分
From 共同通信PRワイヤー

DSMが3Dプリント業界にSomos Elementを投入

AsiaNet 62585(1501)

【エルジン(米イリノイ州)2015年11月17日PR Newswire=共同通信JBN】健康と栄養、材料で活動する科学ベースの企業であるロイヤルDSM(Royal DSM)は17日、ドイツのフランクフルトで開かれる国際工具・加工技術見本市formnextに、Somos(R)Elementを出展すると発表した。Somos(R)のこの付加製造新素材は、インベストメント鋳造技術で複雑な部品を製作するのに利用される。

インベストメント鋳造は金属鋳造技術の1つで、航空宇宙、エネルギー、自動車業界で工業最終部品を製作するために活用される。インベストメント鋳造の原型には何百年にもわたって伝統的にワックスが使われてきた。それが3Dプリンターの出現によって代替技術が可能になった。原型は直接3Dプリンターで製作され、ワックス方法で行われた経費と時間がかかるツーリング工程が不要だ。Somos(R)はこの技術が初めて開発された時から、3Dプリント原型を使ったインベストメント鋳造に取り組んでいる。

同社は顧客やユーザーと絶えず交わる中で、この工程を最適化するには何が必要かを深く理解するようになった。Somos(R)Elementは3Dプリント原型の再現性と品質を改善するために特に設計され、成型安定性が向上し、焼成後にほとんど灰分が残らない。Somos(R)Elementで製作された原型は焼成後の残滓灰が最低量で、その残滓物も簡単に取り除けるため、セラミック鋳型の完全にクリーンな空洞が残る。さらにSomos(R)Elementはアンチモンを伴わず、チタンやその他の超合金の鋳造に利用が可能だ。

Somos(R)のグローバル・アプリケーション・スペシャリストのケビン・ザラス氏は「Somos(R)Elementは成型が安定性しており、焼成後に滑らかな表面ができる結果、歩留まりが向上し、超合金や高度機能部品に必要な手直し作業が軽減される。Somos(R)Elementの3Dプリント原型は鋳造部品のデザインがやりやすく、原型が強くなり、作業後の手間が少ない」と述べた。

Somos(R)のマーケティング・マネジャー、ジャスパー・ファン・ディーテンブロム氏は「3Dプリントのインベストメント鋳造のための新素材を送り出せて、われわれはとても喜んでいる。Somos(R)Elementが原型製作に使われ、特に航空宇宙や自動車市場で複雑なアルミニウムや合金の鋳造に活用される素晴らしい時がきた」と語った。

▽DSM:英知あふれるサイエンスで、より豊かな暮らしを(Bright Science. Brighter Living)(TM)
ロイヤルDSMは健康、栄養、材料で活動する世界的な科学ベースの企業である。ライフサイエンスとマテリアルサイエンスに独自の能力を結び付けることによって、DSMは経済的繁栄、環境問題取り組み、社会の発展を促進すると同時に、すべての利害関係者に持続的価値を創造する。DSMは食品、栄養補助食品、パーソナルケア、資料、医療機器、自動車、塗料、電気・電子機器、ライフプロテクション、代替エネルギー、バイオ素材などの世界市場において、栄養を与え、保護し、業績を向上する革新的ソリューションを提供する。DSMとその子会社は約2万5000人を雇用し、年間の純売上高は約100億ユーロ。同社はEuronext Amsterdamに上場。詳しい情報はwww.dsm.com を参照。

▽Somos(R)について
DSMは3Dプリンティングが今日の人々とこれからの世代により豊かな生活を生み出し、世界に向けた主要な変化をもたらす手段であると信じている。DSMのブランド製品であるSomos(R)は、付加製造産業を新たなレベルの業績に移行させる。DSMは絶えず変化する3Dプリンティングの世界で顧客の成長を支援し、材料とアプリケーション開発を通じてこの成長を進め、業界コラボレーションを推奨、持続的に情報とサポートを提供することで顧客の資産価値を最大化することに専念する。Samos(R)の詳しい情報はwww.dsm.com/somos を参照。

詳しい情報の問い合わせは以下を参照。
DSM Functional Materials
Kelly Hawkinson
Global Marketing & Communications Manager
tel. +1-847-608-2530
e-mail kelly.hawkinson@dsm.com

ソース:DSM

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。