logo

国際研究が都市における糖尿病の増加に関する再考を促す

ノボノルディスク 2015年11月16日 16時50分
From 共同通信PRワイヤー

国際研究が都市における糖尿病の増加に関する再考を促す

AsiaNet 62561

【バグスバード(デンマーク)2015年11月16日PRニュースワイヤー】

ロンドン大学(UCL)が率いるCities Changing Diabetes (都市の糖尿病を変える) パートナーシップに関する先駆的な新たな研究によると、タイム・プレッシャー、通勤時間、住んでいる場所などの社会・文化的要因は脆弱性糖尿病において重要な役割を果たしていることを示しています(1)

・都市の糖尿病に関する世界史上最大の研究から得た知見によると、5つの都市に6000万人が住んでおり、都市は糖尿病の増加に対処するために、公衆衛生と都市計画戦略を再考する必要があることを示唆しています

・世界中の4億人以上の人々のうち、都市に居住する3分の2以上が糖尿病を患っています(2),(3)

・パートナーシップ・イニシエータ-のノボノルディスク (Novo Nordisk) は、2020年までにCities Changing Diabetes (都市の糖尿病を変える) に関するエキスパー・リソースおよび研究基金に2000万ドル以上を投資することを約束しました

・研究結果は11月16日(月曜日)に、コペンハーゲンの国際サミットで代表者に発表され、2016年にバンクーバーとヨハネスブルグがパートナー都市としてメキシコシティ、上海、天津、コペンハーゲン、ヒューストンに加わることを発表します

「Cities Changing Diabetes (都市の糖尿病を変える) 」パートナーシップ・プログラムの一環として、ロンドン大学(UCL)が率いる国際研究は、都市における糖尿病の急激な増加に関する現在の科学的理解に挑戦しています。研究結果は世界中の都市で、社会的・文化的な要因は、以前に考えられていたよりも、流行の広がりにおいて、はるかに重要な役割を果たしていることを示唆しています。

マルチメディアのニュースリリースは:リンク

世界中の4億人のうち3分の2以上が糖尿病を患い都市に居住しています。[1],[2]1年を通じてのユニークなパブリック・プライベート・アカデミック・パートナーシップであるCities Changing Diabetes (都市の糖尿病を変える) 研究は、最も急を要する現代の公衆衛生上の課題のいずれかの解決策を通知するために、都市で2型糖尿病になりやすい原因をよりよく理解することに努めました。この複雑な問題を探求するために、糖尿病のリスクがあるまたは診断されたコペンハーゲン、ヒューストン、メキシコシティ、上海、天津の5大都市の550人以上に対してインタビュー調査が行われました。

UCLの医療人類学のDavid Napier教授は「主に糖尿病の生物医学リスク要因に焦点を当てることで、従来の研究は病気の社会的・文化的なドライバの影響を十分に説明されていません。我々の先駆的な研究により、世界中の都市の人々は糖尿病になりにくい生活を適応することが可能になります」と述べました。

研究により都市の脆弱性糖尿病は、社会的・文化的要因[1]が複雑雑混じり合っていることが関係していることが分かりました。これらは大きな初期リスクをもたらし、その後、診断、治療、健康を維持する可能性が低くなります。文化的決定には、体の大きさ、健康、根深い従来の認識を含みながら、識別された社会的要因には、金融、地理的、リソース、時間的制約が含まれています。(1)

メキシコシティの厚生大臣であるArmando Ahued Ortega博士は「Cities Changing Diabetes (都市の糖尿病を変える)から得た洞察は、都市の糖尿病についての考え方を根本的に変えました。この新たな社会文化的危険因子についての理解は国民の健康・福祉をサポートするために、効率改善および目標とされた公衆衛生政策の発展を導いてくれます」と語りました。

都市に関する主な研究結果(1)
・ヒューストンでは、脆弱性と同じデメリットの従来の概念はもはやルールではなく、財政的制約の有無にかかわらず人々は、糖尿病に対して脆弱である可能性があります

・メキシコシティでは、女性は重荷になることを避けるために自分自身の健康を軽んじていることから、男女の役割が脆弱性の高まりの一因となっています

・コペンハーゲンでは、糖尿病は、失業、財政的困難や孤独のようなその他の多くの社会的・健康問題を考慮すると、人間の欲求の階層において最上位であるとは限りません

・上海では、困難を受け入れない文化的な傾向から、人々は友人、家族、医療従事者からの助けを求め糖尿病を防いでいると見なされていました

・天津では、糖尿病を患う人々は、貧しい食品選択、過労、精神的不健康を含む広範なコンディションの原因を報告しました


研究結果に促されて、ノボノルディスクは2020年までに、エキスパート・リソースと研究資金2000万米ドルの投資を介した都市部の糖尿病との闘いを支援することを約束しました。ノボノルディスクのLars Rebien Sorensen社長兼最高経営責任者(CEO)は「我々は糖尿病との闘いにおいて、医薬品以上のものを提供する長年のコミットメントを有しています。この種の研究は、新しい理解による重点的な取り組みを通じて、病気の軌道を根本的に変更するため、我々がなぜCities Changing Diabetes (都市の糖尿病を変える) を開始しているかについて正確に説明しています」と述べました。

Cities Changing Diabete (都市の糖尿病を変える) パートナーシップにはマッピング、共有、行動の3つの異なる相互接続段階があります。最初のマッピング段階が現在完了し、コペンハーゲン・サミットは世界中から250人の専門家代表団が集まり、教訓を議論し、都市におえる糖尿病に取り組むための解決策を議論します。

パートナーシップは長期的に、参加者の洞察力・知識の共有を介して世界中の都市における糖尿病の増加に対処することを目指しています。バンクーバーとヨハネスブルグは2016年に、プログラムに参加し、インターナショナル・プール・エビデンスに貢献する最後の都市となります。

▽CITIES CHANGING DIABETES について
Cities Changing Diabetes (都市の糖尿病を変える)は、都市の糖尿病に取り組むためのパートナーシップ・プログラムです。ノボノルディスクによって開始されたプログラムは、劇的な都市の糖尿病の増加に取り組んでおり、ロンドン大学、ステノ糖尿病センターと共同開発し、糖尿病/健康コミュニティ、市当局、学術機関、地域社会の指導者(様々な分野からの)、市民社会組織の支援を各都市で受ける予定です。同プログラムの目的は、問題を解読、ソリューションの共有および世界中の大都市における糖尿病と闘うための具体的な行動を駆動することです。詳しい情報はウェブサイト (citieschangingdiabetes.com) (リンク )を参照してください。

▽NOVO NORDISK(ノボノルディスク)について
ノボノルディスク90年以上にわたり糖尿病治療に必要な革新的な医薬品や糖尿病ケアをリードしてきたグローバル・ヘルスケア企業です。同社はまた糖尿病に加え、成長ホルモン療法および血友病などのその他の重篤な慢性疾患に打ち勝つための経験や能力を与えています。ノボノルディスクはデンマークに本社を置き、75カ国で約3万9,700人の社員を擁し、製品は180カ国以上で販売されています。詳しい情報はリンク、Facebook (リンク )、Twitter (リンク )、LinkedIn (リンク )、YouTube (リンク )を参照してください。

このプレスリリースをサポートしている写真(リンク)やb-roll(リンク )についてはウェブサイトを参照してください。

1. 糖尿病を変更するCities Changing Diabetesファイルに関するデータ
2. 国際糖尿病連合。IDF Diabetes Atlas 2014 update, 6th edn. ブリュッセル、ベルギー:国際糖尿病連合、2014年更新。
3. 国際糖尿病連合。IDF Diabetes Atlas 2015 update, 7th edn. ブリュッセル、ベルギー:国際糖尿病連合、2015年更新。

メディア
Novo Nordisk A/S
メディア向けの広報窓口
Katrine Sperling
+45-3079-6718
krsp@novonordisk.com


(写真:リンク


ソース:ノボノルディスク (Novo Nordisk)


(日本語リリース:クライアント提供)


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。