logo

日本のマスモト選手健闘!結果は4位!ブレイドアンドソウル2015ワールドチャンピオンシップ速報ジン・ヴァレルのミュージカルも本日、世界で初お目見え



[画像1: リンク ]

PC向けオンラインゲームをサービス、運営しているエヌ・シー・ジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:金 澤憲(キム テクホン))は、2015年11月6日(金)より『ブレイドアンドソウル』の対戦コンテンツ『比武』の世界一プレイヤーを決定する大会「ブレイドアンドソウル 2015ワールドチャンピオンシップ(以下、ワールドチャンピオンシップ)」に参戦しております。

本日、準決勝の前に「ミュージカル 墨華魔女 ジン・ヴァレル」が初公開されました。『ブレイドアンドソウル』のストーリーとキャラクターをテーマにした内容を歌と踊りだけではなく、メディアファサード(※1)、マルチメディアパフォーマンス、打楽器、マーシャルアーツ(※2)などを組み合わせた作品です。韓国ミュージカル第1世代の俳優ナム・ギョンジュが芸術監督を担当し、その他韓国ミュージカルトップクラスの制作陣と俳優が出演しました。

NCSOFT Corporationのビジネス第1グループ専務ヒョン・ムジンは、これまでゲームと文化芸術の融合を絶えず試みてきた『ブレイドアンドソウル』にとって新たな試みである」とし、この公演がG-STARゲームショーとeスポーツ大会2015ワールドチャンピオンシップで最高の感動をお届けする」と伝えている。

[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]



その後、開催された『ワールドチャンピオンシップ』では、本日ベスト4に残っている日本代表のマスモト選手が対戦し、大接戦の末4位になることが決定しました。
<試合結果>
1試合目: Jaesung Lee(韓国) 魔道士 vs. ●ShinKyum Kim(韓国) 邪術士 0-3
2試合目: マスモト ユウヤ(日本) 滅砕士 vs. ●Jungho Yoon(韓国) 魔道士 1-3
3位決定戦: ●Jaesung Lee(韓国) 魔道士 vs. マスモト ユウヤ(日本) 滅砕士 3-2
※黒丸が勝者となります。
※先に3勝した選手が勝ちとなります。

[画像4: リンク ]

[画像5: リンク ]



明日の決勝戦で、チャンピオンは『ワールドチャンピオンシップ』のために特別に製作した優勝トロフィーとともに優勝賞金4,000万ウォンを受けることになます。この熱い闘いをお逃しなく。

※1 dia facade、建物の外壁や舞台にLED照明を照らし、映像を表現する技法)
※2 tial arts、武術を活用したパフォーマンス公演
※3 写真提供OGN

◆2015ワールドチャンピオンシップ生中継について
【放送日時】
2015年11月14日(土)午後6:00~
【生中継特設ページ】
リンク

◆ブレイドアンドソウル トーナメント 2015ワールドチャンピオンシップについて
【概要】
2015年秋に韓国で開催される比武の世界一を決定する大会。日本以外に韓国、中国、台湾の強者プレイヤーが一堂に集結する。
【公式サイト】
リンク

◆ブレイドアンドソウルについて
【概要】
「その復讐は終わるのか」をキャッチフレーズに2014年5月よりサービスを開始したタイトル。制作構想7年、制作費に総額50億円を投じて作り込まれた超大作オンラインRPGです。
軽功と呼ばれるアクションコマンドを使用することで、ダッシュ移動や空中疾走、壁登りなど躍動感溢れる移動が可能となります。初期レベルから簡単操作でド派手なエフェクトの技を繰り出せるほか、技の連携(コンボ)も生まれ、格闘ゲームに近しい「アクション性」が盛り込まれ、今までのオンラインRPGとは一味違う要素が満載です。
【開発】
NCSOFT
【サービス提供】
エヌ・シー・ジャパン株式会社
【ジャンル】
多人数同時参加型オンラインロールプレイングゲーム
【対応プラットフォーム】
PC
【サービス方式】
基本プレイ無料(アイテム課金)
【公式サイト】
リンク

ブレイドアンドソウル公式サイト リンク
Blade&Soul(R) is a registered trademark of NCSOFT Corporation. Copyright (C) 2014 NCSOFT Corporation. NC Japan K.K. was granted by NCSOFT Corporation the right to publish, distribute and transmit Blade&Soul in Japan. All rights reserved.
※当プレスリリースの内容は2015年11月13日現在のものです。諸般の事情により、予定を変更する場合がございます。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。